環境保全活動研修会を開催しました

更新日:2018年08月27日

環境保全活動研修会について

大津市では、大津市生活環境の保全と増進に関する条例第97条に基づき、市内の事業所様と環境保全協定を締結しています。

同協定で、市は研修会の開催等、事業者の環境保全活動が促進されるよう必要な支援に努めることとしており、協定に基づき、例年、公益社団法人滋賀県環境保全協会と共催で、主に環境保全協定を締結いただいている事業所様を対象に、研修会を開催しています。

平成29年度の研修会の結果は下記のとおりでした。

日時

平成30年2月26日(月曜)14時から16時20分

場所

大津市役所新館7階 大会議室

出席者

環境保全協定締結事業所、環境管理統括者選任事業所(メールアドレスを登録いただいている事業所)、公益社団法人滋賀県環境保全協会会員

内容

  1. 開会挨拶(大津市環境政策課長)
     
  2. 化学物質による環境リスク低減と企業の管理促進
    (講師:公益社団法人滋賀県環境保全協会 ISO14001主任審査員 岸 孝雄 氏)

    労働安全衛生法の改正により事業者の義務となった、一定の危険有害性のある化学物質のリスクアセスメントの実施に関し、その手順や日常の化学物質の保管管理の事例などについて写真を用いてわかりやすくご説明いただきました。

 

化学物質による環境リスク低減と企業の管理促進についての講座
  1. 株式会社カネカ滋賀工場の環境保全活動の取組みについて

    株式会社カネカ滋賀工場様より、自社の省エネ活動や、排ガス・排水管理、産業廃棄物の削減と再資源化の推進によるゼロエミッションの達成継続などの取り組みについてご報告いただきました。

 

株式会社カネカ滋賀工場様による企業の環境保全活動の取組報告
  1. 県内事業場の立入事例紹介について

    滋賀県環境政策課より工場等へ立入調査をする際の指導内容について、必要な届出と届出先などもふまえて具体的にご説明いただきました。また、水質事故の実例を取り上げ、事業所全体でリスクを想定し、未然防止にあたることの大切さをお話いただきました。

 

県内事業場の立入事例紹介についての説明
  1. 大津市からのお知らせ

    最後に、大津市から、公害関係の必要な届出や事業系ごみの減量・適正処理についてお知らせしました。また、今年度に策定した「大津環境人を育む行動計画」に基づく環境教育等への取組みや「環境学習サポーター登録制度」について協力依頼を行いました。

 

事業系ごみの減量と適正処理についての説明
  1. 閉会挨拶(公益社団法人滋賀県環境保全協会 専務理事)

 

過去の研修結果について

下記リンクをご覧ください。

環境保全協定について

下記リンクをご覧ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境政策課
〒520-8575 市役所別館1階
電話番号:077-528-2760
ファックス番号:077-522-1097

環境部 環境政策課にメールを送る