スプレー缶取扱い中の火災が増えています!

カセットこんろに使用するカセットボンベ以外にも、制汗スプレーや殺虫スプレーなどのスプレー缶にもLPG(液化石油ガス)やDME(ジメチルエーテル)が含まれています。

ラベルのイメージ画像

LPG(主成分はブタン、プロパン)やDME(ジメチルエーテル)は可燃性ガスです。そのため使用方法を誤れば、可燃性ガスが周囲の火で引火し、火災爆発事故を引き起こすおそれがあり大変危険です!!

可燃性ガスが滞留するイメージ

可燃性ガスの滞留イメージ

ドライアイスによるイメージ画像

LPGやDMEなどの可燃性ガスは空気より重いため下方に滞留し、広がっていきます。

このため、換気扇や上方の窓からは、屋外に排出されることはありません!

屋内でのガス抜きは、非常に危険ですので絶対に行わないでください!!

 

 

その行為、危険です!!

屋内でのガス抜き

屋内でガス抜きをする

空気より重い可燃性ガスが思わぬところに滞留し、周囲の火で引火する危険があります!

可燃性ガスは、静電気の火花でも引火することがあります!

ストーブ前に放置

ストーブの前にスプレー缶を放置する

温風や輻射熱でボンベが加熱され、爆発する危険があります!

ファンヒータの近くで使用

ファンヒーターの近くでスプレー缶を使用する

可燃性ガスがストーブの火で引火し、噴出口から火炎が噴き出す危険があります!

カセットこんろより大きい器具の使用

カセットこんろよりも大きい鉄板や鍋を使用する

鉄板や鍋の熱がボンベに伝わり、爆発する危険があります!

スプレー直後に火気の使用

スプレー直後に火気を使用する

滞留する可燃性ガスがライター等の火で引火する危険があります!

スプレー缶の適切処理のご協力をお願いします

大津市では、カセットボンベなどのエアゾール缶は、中身を使いきり、穴をあけずに缶の日に捨ててください。

また、使い切れずに中身が残ったスプレー缶は、屋外の風通しが良く、火気のないところでガス抜きを行ってください。

缶のなかにガスが残ったままごみに出すと、大きな事故につながり、大変危険です。

ごみ収集車が燃えている様子

カセットボンベやエアゾール缶の中身が残った状態でごみとして捨てたため、ごみ収集車の中で缶が圧縮されてガスが漏れ、金属同士の衝撃により発生した火花で引火し火災となりました。

この記事に関する
お問い合わせ先

消防局 予防課
〒520-8575 市役所新館2階
電話番号:077-525-9902
ファックス番号:077-525-9904

消防局 予防課にメールを送る