4月

更新日:2017年4月26日

4月24日(月曜)、第11回政策検討会議((仮称)大津市土地利用基本条例)を開催

平成29年4月24日政策検討会議

 4月24日(月曜)、(仮称)大津市土地利用基本条例の策定に向けた第11回目の政策検討会議を開催し、本市議会と連携協定を締結している龍谷大学から阿部大輔准教授をお招きして、随所で助言などをいただきながら議論を進めました。
 今回の会議では、正副座長から、これまでのワークショップを踏まえた本市の土地利用にまつわる様々な課題解決のための在るべき姿が正副座長案として提示され、それを基に議論を進めるとともに、各種団体との意見交換の手法などについて議論を行いました。阿部准教授からは、土地利用については課題が顕在化した時点では既に元に戻すことができなくなっていることが多いため先手を打って対応していく必要があること、市民との意見交換に当たっては、土地利用の話題は市民にとって難しいため、身近な話であることを分かりやすく伝える必要があり、導入部分で市民にとってイメージがしやすい話題を提供するなどの工夫をすることも重要であるなどの指摘をいただきながら、委員間で活発に議論を交わしました。

4月14日(金曜)、第10回政策検討会議((仮称)大津市土地利用基本条例)を開催

平成29年4月14日政策検討会議(土地利用基本条例)

 4月14日(金曜)、(仮称)大津市土地利用基本条例の策定に向けた第10回目の政策検討会議を開催しました。
 今回、前回の会議において本市の土地利用に係る課題などをテーマにワークショップ方式により議論する中で委員から出された様々な意見などを踏まえ、改めて正副座長から本市の土地利用に係る課題などを整理したものが提示されました。
 これを基に、会議では、折に触れてまちづくり計画課職員から助言などを受けながら、再度ワークショップ方式により議論を行い、(仮称)土地利用基本条例を制定していくに際してのキーワードなどを抽出し、課題の本質を精査しました。

4月1日(土曜)、4月特別会議を開催しました

平成29年4月特別会議

 4月1日(土曜)、4月特別会議を開催し、市長から、平成29年度から地方独立行政法人に移行した市立大津市民病院の中期計画の認可について議案が提出されました。中期計画は、設立団体として市が定めた業務運営指針である「中期目標」を達成するため、病院が策定した計画で、経営改善に向けた内容となっており、これを市として認可するためには、議会の議決が必要となり、採決の結果、賛成多数をもって可決しました。
 また本会議冒頭には、2月通常会議で副市長に選任された井村副市長が就任挨拶を行いました。

お問い合わせ先
議会局 議事調査課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2640
ファックス番号:077-521-0409
メールを送る