4月

更新日:2018年08月27日

4月6日(金曜)、第22回政策検討会議((仮称)大津市土地利用基本条例)を開催

平成30年4月6日政策検討会議

 4月6日(金曜)、(仮称)大津市土地利用基本条例の策定に向けた第22回目の政策検討会議を開催しました。
 会議では、(仮称)大津市土地利用基本条例について改めて正副座長から案が示され、その概要について座長が説明を行った後、委員間で質疑や意見交換を行いました。
 また、本市において適正な土地の利用を実現するために市議会が果たすべき役割や、土地の利用に関して市議会で議論を行う仕組みについて、委員間で議論しました。
 次回の会議は、4月26日(木曜)正午から開催する予定です。

4月26日(木曜)、第23回政策検討会議((仮称)大津市土地利用基本条例)を開催

平成30年4月26日政策検討会議

 4月26日(木曜)、(仮称)大津市土地利用政策基本条例の策定に向けた第23回目の政策検討会議を開催しました。
 会議では、正副座長において修正などを加えた本条例の文案が提示され、その概要について座長から説明を行った後、委員間で質疑や意見などが交わされました。
 また会議には、本市議会と連携協定を締結している龍谷大学から阿部大輔政策学部教授をお招きし、助言を受けながら議論を進めました。阿部教授からは、土地利用に関する個別の案件に市議会が関与することは困難であるが、議員が個々に把握している個別具体的な課題を議会として一般化、抽象化し、論点化していくことは議会が果たし得る重要な役割であるといった指摘などがありました。
 次回の会議では、正副座長案を踏まえて各会派の意見などを集約し、更に議論を進める予定です。

4月27日(金曜)、第9回政策検討会議(若者の議会への関心と投票率向上の仕組みづくり)を開催

平成30年4月27日政策検討会議

 4月27日(金曜)、若者の議会への関心と投票率向上の仕組みづくりを検討する第9回目の政策検討会議を開催しました。
 会議では、議会が主体的に取り組める事項について、素案づくりに向けた整理を行いました。
 議会が主体的に取り組める事項として、「小学校でのロールプレイの実施」、「小学校への議員の学校訪問」、「議場の見学会」の3点に絞り、本年度に試行を目指すための協議が行われました。
 この中で、子どもたちに興味を持ってもらう工夫、学校現場との協力関係を築く方策などの活発な意見が交わされました。
 次回の会議では、正副座長による素案をもとに、制度設計に向けて更に議論を深めていきます。

この記事に関する
お問い合わせ先

議会局 議事調査課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2640
ファックス番号:077-521-0409

議会局 議事調査課にメールを送る