現在の位置

妊娠高血圧症候群等の医療費助成制度について

更新日:2018年2月6日

制度の概要

妊産婦が妊娠高血圧症候群等の病気にかかり7日以上の入院をした場合、その入院期間に応じて療養に要する費用の一部を支給します。

対象者

次の全てに該当する方が対象になります。

  1. 大津市に住所を有する方
  2. 妊娠高血圧症候群、糖尿病、貧血、産科出血及び心疾患のいずれかにかかり、下記の妊娠高血圧症候群等療養援護費支給対象者認定基準に定める症候があった妊産婦(妊娠中又は出産後10日以内)で、その病気の為に7日以上の入院をした方
  3. 妊産婦が属する世帯の前年分(1~6月は前々年分)の所得税額の合計が15,000円未満である方
    住民票が妊産婦と同一でない扶養者(別居の配偶者等)がいた場合、その扶養者の所得税額も合算します。
  4. 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第22条の規定による助産施設への入所措置を受けなかった方

妊娠高血圧症候群等療養援護費支給対象者認定基準(PDF:109.2KB)

療養費支給基準等

妊産婦が属する世帯の区分に応じて異なります。下記の援護費基準額表を参照してください。支給の対象となる入院期間は、21日が限度となります。
本人負担額(病院に支払う医療費)が支給基準額に満たない場合は、本人負担額が支給金額となります。

援護費支給基準額表(PDF:86.1KB)

申請期日 

妊産婦の入院による医療が終了した日から30日以内。ただし、入院期間が21日を超える場合は、入院した翌日から数えて30日以内に申請してください。

申請に必要な書類

申請にあたっては、以下の書類が必要です。

  1. 妊娠高血圧症候群等療養援護費支給申請書(様式第1号)
  2. 妊娠高血圧症候群等療養証明書(様式第2号)
  3. 世帯調書(様式第3号)及びその関係証明書
  4. 母子健康手帳の妊娠中の経過写し
  5. 妊娠高血圧症候群等療養援護費申請にかかる市民税課税状況確認同意書もしくは生活保護状況確認同意書
  6. その他

上記の様式1号から様式第3号については、大津市健康推進課(077-528-2748)に連絡をしてください。健康推進課より書類を郵送致します。

お問い合わせ先
健康保険部保健所 健康推進課
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1-1 明日都浜大津2階
電話番号:077-528-2748
ファックス番号:077-523-1110
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ