人工透析などを始められたとき(特定疾病療養受療証)

更新日:2018年08月27日

厚生労働大臣が指定する下記の疾病(特定疾病)に該当する方には、申請により「国民健康保険特定疾病療養受療証」を交付します。保険証とともに、受療証を提示すれば、該当疾病の窓口負担額が自己負担限度額までとなります。申請書類をご持参のうえお近くの支所または保険年金課窓口までお越しください。

 

《対象となる疾病》

  • 人工透析を行う必要のある慢性腎不全
  • 血友病
  • 後天性免疫不全症候群(厚生労働大臣の定めるものに限る)

 

 《自己負担限度額》
該当疾病 自己負担限度額
血友病 10,000円
後天性免疫不全症候群 10,000円
人工透析を行う必要のある慢性腎不全 70歳以上及び70歳未満の一般所得者 10,000円
70歳以上の上位所得者 20,000円


《申請に必要なもの》

  • 国民健康保険特定疾病認定申請書注1
  • 保険証
  • 印鑑(認印)

注1 申請書には医師の認定・押印が必要です。(ただし、他保険から大津市国民健康保険に変わった方で、前の保険で受療証を持っていた場合はその証のコピーを添付すれば医師の意見欄は記入不要)。

 

国民健康保険特定疾病認定申請書のダウンロードについては、下記リンク先をご参照ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部 保険年金課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2750
ファックス番号:077-525-8887

保険年金課にメールを送る