現在の位置

療養の給付

更新日:2016年4月1日

 大津市国民健康保険の被保険者が病気やけがをしたときは、医療機関や保険薬局で保険証(70歳から74歳の方は合わせて「高齢受給者証」も必要です)を提示すれば、かかった医療費の一部を自己負担することで、診療を受けることができます。自己負担の割合については、下記のとおりです。

 

自己負担割合

  1. 義務教育就学前児童注1 2割
  2. 義務教育就学後から70歳未満 3割
  3. 70歳以上75歳未満
    • 平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方 1割 注2
    • 平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎えた方 2割
    • 現役並み所得者 注3 は、生年月日にかかわらず3割になります。

注1 6歳に達してから最初の3月末日までの児童 

注2 昭和19年4月1日までに生まれた方については、軽減特例措置により引き続き1割となります。

注3 現役並み所得者とは、同一世帯に一定の所得(市民税課税標準額145万円)以上の70歳以上の国保被保険者がいる方です。ただし70歳以上の国保被保険者の収入合計が一定額未満(単身世帯の場合:年収383万円未満、二人以上の世帯の場合:年収520万円未満)である旨の申請があった場合は、自己負担は生年月日に応じて1割または2割となります。

 

70歳以上75歳未満の療養の給付について、詳しくは下記リンク先をご覧ください。

70歳から74歳の人の医療制度

お問い合わせ先
健康保険部 保険年金課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2750
ファックス番号:077-525-8887
メールを送る

ページトップへ