下水熱の利用について

下水熱利用の実証実験を開始しました。

下水熱利用は、省エネによるエネルギーコストの削減、二酸化炭素の削減による地球温暖化防止及び空調や給湯による大気への排熱抑制がヒートアイランド現象の防止に繋がります。こうしたことから、大津市企業局では水再生センター内で下水熱利用実証実験に係る効果の検証を行い、さらに民間施設への下水熱利用を積極的に進めて行きたいと考えています。

  1. 実験開始日 平成28年11月18日
  2. 場所 大津市企業局水再生センター(大津市由美浜1番1号)
  3. 事業主体 大津市企業局、積水化学工業株式会社、関西電力株式会社
  4. 事業概要 本実験は、平成28年4月より、積水化学工業株式会社及び関西電力株式会社と共同研究を実施している研究の一環で、処理水の下水熱を汚泥処理棟監視室内の空調に利用して省エネ効果などの性能評価を行うものです。

 

下水熱利用の仕組み
下水道の温度

お問い合わせ先

企業局 下水道課
〒520-8575 市役所新館6階
電話番号:077-528-2764
ファックス番号:077-521-0429

企業局 下水道課にメールを送る