水道水の見張り番

水道水の見張り番

安全でおいしい水を安定してお届けするためには水質検査は欠かせません。企業局では、皆さんに安心して飲んでいただくために、水源から浄水処理過程、市内給水栓水に至るまで、きめこまやかな水質管理を行い、常に安全で高品質な水道水の供給に努めています。

この水質監視の仕事を専門に行っているのが、水質試験所です。

水質試験所は、柳が崎浄水場内にあります。
水質試験所では、水源から浄水処理を経て、各家庭の蛇口まで、水質基準51項目や、水質管理目標設定項目等を水道法に基づき検査しています。日常の水質管理により、安全でおいしい水をお使いいただけるよう万全を期しています。

水源琵琶湖の調査

琵琶湖は、我が国最大の湖で広大な面積と膨大な水量を誇っています。水道事業者単独の水質調査には限界があるので、琵琶湖や淀川の水を取水する京阪神の水道事業体と共同で定期的な水質調査を行っています。
その内容は、理化学的、生物学的試験を中心に、湖で発生する淡水赤潮やアオコ、特に夏場において水道水に異臭味を与えるカビ臭などを対象としたものです。

浄水場での検査

浄水場へ取り入れた水の毒物監視は、魚類を用いて24時間連続で安全の確認を図り、その後の浄水過程や処理水については、水質検査を行って水道法の水質基準に基づいた安全な水であることを確認しています。 浄水場では、常に安全で安定した水づくりに努めています。

給水拠点での検査

浄水場から送り出した水は、直接或いは配水池を経由して各家庭や工場、病院などへお届けしています。市民の方に安心して使って頂くため、ご家庭の蛇口の水についても定期的に水質検査を行い、安全性の確認をしています。

 

浄水処理に関する研究

将来の水環境の変化に備えて、生物ろ過・活性炭吸着など高度浄水処理をはじめ、進んだ浄水技術の実験、研究を積極的に進めています。

 

水源水質の保全

無限に思われる水も実は限りがあります。
特に、水道にとっては良質な水の確保は大切です。
一人ひとりの水に対する関心が大きくふくらみ、水環境の保全に発展するように願っています。

湖の恵みを永遠に

01
02

およそ400万年前に誕生したといわれているびわ湖。世界でもバイカル湖やタンガニーカ湖についで古いこの「母なる湖」は、豊かな自然と水量に恵まれ、広く近畿の水がめとして、飲み水はもちろんのこと、漁業、農業、観光、工業用の水資源として、私たちの暮らしと密接な関わりをもっています。しかし一方では、過去において急速な富栄養化現象に見舞われました。このようなことから、びわ湖の環境を守り市民意識高揚を目指した「湖辺ルネッサンス-大津のヨシ作戦-」の展開をはじめ、自然環境と水環境の保全に積極的に取り組んでいます。

今後もびわ湖を守り、育て、生かし、次世代の人に引き継いで行きたいと思っています。

お問い合わせ先

企業局 水質管理課
〒520-0022 大津市柳が崎6-1
電話番号:077-524-1644
ファックス番号:077-522-4457

水質管理課にメールを送る