現在の位置

乳児家庭全戸訪問及び新生児訪問の際に配付している人形に縫い針が混入した事案についてお詫び

更新日:2017年6月22日

乳児家庭全戸訪問及び新生児訪問の際に配付している人形に縫い針が混入した事案についてお詫び申し上げます

 

 去る6月17日(土曜)に、乳児家庭全戸訪問及び新生児訪問の際に赤ちゃんのお誕生をお祝いしてお配りさせていただいています手縫いのウサギの人形の中に、針が混入していた事案が発生いたしました。

 原因を調査した結果、人形製作を委託している公益社団法人シルバー人材センターにおいて平成28年度内に作成した人形の作業工程の中で針の抜き忘れがあったものと考えられます。

 人形が赤ちゃんの誕生をお祝いしてお配りしているものであり、乳幼児が手に触れるもので、このようなことが起こりましたことにつきましては、あってはならないことであり、大変申し訳なく、皆さまにお詫び申し上げます。

 なお、針が混入していた人形につきましては、平成28年度内に作製されたものでありますので、今後、同時期に作製しました人形を全品回収させていただきます。配付させていただいたご家庭には、個別に郵送でご連絡させていただきますので、回収にご協力賜りますよう、合わせてお願い申し上げます。

 

お問い合わせ先
福祉子ども部 子育て総合支援センター
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1-1 明日都浜大津3階
電話番号:077-528-2525
ファックス番号:077-527-8765
メールを送る
新生児訪問,人形,全戸訪問,赤ちゃん

ページトップへ