子育てシェアリングエコノミー交流会 -子育てシェアリングを大津から始動させよう-を開催しました

更新日:2018年08月27日

大津市では、子育てにおける「シェアリングエコノミー(注1)」の取り組みによって、子育てしやすい環境づくりをすすめるとともに、地域全体で子育て世帯を支える仕組みづくりを推進していきます。9月10日(日曜)に、子育てでのシェアリングエコノミーを知ってもらえるイベント「子育てシェアリングエコノミー交流会」を開催しましたので、当日の様子をご紹介します。

(注1)シェアリングエコノミーについて
個人や企業などが所有する物や遊休資産、サービス、ノウハウなどを、インターネットを利用した仲介によって貸し出す・サービスを提供するなどして、他者と交換・共有する考え方です。子育て分野では、託児や家事支援などのサービスがあります。

当日の様子

ステージイベント

子育てシェアリングエコノミーパネルディスカッション

越直美大津市長、ファミリーサポートセンターの山根実香さん、ファミリーサポートセンター利用者の神前雅子さん、株式会社AsMamaの内山茜さん、株式会社エニタイムズの角田千佳さん、株式会社キッズラインの榊和花さん、株式会社タスカジの和田幸子さんがパネリストとして出演し、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師である積田有平さんがコーディネーターとなり、子育てとシェアリングエコノミーをテーマに議論が行われました。

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子です。

記念撮影の様子

パネルディスカッション終了後には、越市長とコーディネーターを務めた積田さん、各企業の出演者との記念撮影が行われました。

その他のステージイベント

親子ふれあい遊び

親子ふれあい遊び

子育て総合支援センター「ゆめっこ」によるダンスや劇が行われ、たくさんの親子連れの方が楽しまれました。

おおつ光ルくんクイズ

おおつ光ルくんクイズ

おおつ光ルくんのプロフィールのクイズを行い、正解者には光ルくんグッズがプレゼントされました。

バルーンアート

バルーンアート

ミスターけんけんさんによるバルーンアートにはたくさんのお子さんが集まり、アトラクションを楽しまれました。

歌のステージ

歌のステージ

陽だまりんLINのお2人による歌とトークに会場がほっこりと和やかな雰囲気となりました。

出展企業ブース

子育て分野でシェアリングエコノミーのサービスを提供する企業4社(株式会社AsMama、株式会社エニタイムズ、株式会社キッズライン、株式会社タスカジ)が出展しました。

企業出展ブース

ファミリーサポートセンター・子育て総合支援センターブース

ファミリーサポートセンターのご案内や子育てに関する情報チラシを設置しました。

ファミリーサポートセンター・子育て総合支援センターブース

親子体験コーナー

地域福祉サポーター「とんかち」のみなさんによる、木製のおもちゃで遊んだり、工作が体験できるコーナーには50組を超える親子連れが来られました。

親子体験コーナーの様子

「子育てシェアリングエコノミー交流会」へ多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。今後もシェアリングエコノミーをテーマとしたイベントを企画してまいります。

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉子ども部 子ども家庭課
〒520-8575 市役所新館7階
電話番号:077-528-2804
ファックス番号:077-525-8767

福祉子ども部 子ども家庭課にメールを送る