大津市在日外国人障害福祉金支給制度

更新日:2018年08月27日

 この福祉金は、昭和57年に国民年金法の国籍条項が撤廃されましたが、在日外国人に対し救済措置が講じられなかったため、無年金者となっている当時すでに20歳を越える重度の障害の状態にあった人に対し、国において救済されるまでの間大津市独自の暫定措置として支給するものです。

 

対象者

昭和37年1月1日以前に生まれ、昭和57年1月1日以前に初診日があり、平成8年4月1日に滋賀県内に居住し、現に大津市に外国人住民票があり、障害の状態が国民年金法に定める1級・2級に該当する人

 

支給額

月額 60,000円

 

支給日

年6回 偶数月の20日

 

支給制限

  • 公的年金を受けている場合
  • 本人に一定以上の所得がある場合
  • 施設に通所又は入所している場合
  • 生活保護を受けている場合

昭和57年1月1日以前から引き続き日本に居住している人が対象となります。

 

窓口

市役所保険年金課

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部 保険年金課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2750
ファックス番号:077-525-8887

健康保険部 保険年金課にメールを送る