アーバンデータチャレンジの取り組み

アーバンデータチャレンジ目次画像

 アーバンデータチャレンジとは、一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)が実施している、自治体を始めとする各機関が保有するデータの公開・流通促進に向け、地域課題の解決を目的とした地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストです。
 大津市は2015年から滋賀地域拠点ブロックとして参加しており、滋賀ブロックとしてワークショップを開催しています。
 2017年は「大津駅前を盛り上げる!」をテーマに、8月26日(土曜)と9月24日(日曜)にワークショップを開催します。

メニュー
  • オープンデータとは
  • 大津市のオープンデータに関する基本的な考え方
  • 大津市の取り組み
  • 関連アプリ
  • 利用規約
  • データカタログ
  • 新着データ
  • ランキング
  • お知らせ
  • お問い合わせ