現在の位置

市民センター機能等あり方検討について

更新日:2018年7月9日

これからの市民センターについていっしょに考えませんか

これまで本市では、身近な行政窓口と地域活動の拠点として、市民センターの整備を進めてきました。

しかしながら、近年、市民ニーズは多様化・複雑化しており、時代や地域に応じて、住民主体のまちづくりを進めることが求められています。その拠点として市民センターも見直していくことが必要です。

また、市民センターの多くが、数十年の間に老朽化し、更新の時期を迎えることになります。さらに、税収が減少する一方で、新たな市民ニーズへの対応や社会保障費の増加などにより、ますます厳しい財政状況となることが予想されます。

これら本市や市民センターを取り巻く環境の大きな変化に対応し、「住民自治の確立された魅力あるまちづくり」と、「持続可能で、住み続けたいまち大津」の実現に向け、大津市では市民センターのあり方について検討を行っています。

市民センター機能等のあり方の検討目的

住み続けたいまち大津の実現に向け、住民自治の確立と持続可能なまちづくりを進めるため、市民センター機能等のあり方の検討を行っています。

住民自治の確立と持続可能なまちづくり イメージイラスト

住民自治の確立とは

地域課題が多様化、複雑化する中、地域の実情に応じたまちづくりがますます重要になってきています。地域課題の解決や住み良いまちづくりを行うため、地域の活動拠点として、市民センターを活用していきます。

持続可能なまちづくりとは

人口減少や高齢化の進行により、市の財政状況は厳しくなることが予測されています。将来にわたって持続可能な行政サービスを維持していくため、市民センターのあり方を見直していきます。

これまでの検討経過と取組

これまでの検討経過
年月 検討内容 市全体の動き
平成26年3月

-

  • 「大津市公共施設マネジメント基本方針」の策定、公表
平成26年度
  • 市民センター機能等の在り方について「庁内検討会議」を設置
  • 市民センターを4つの機能に分類
  • 基幹市民センター、コミュニテセンターの再編イメージを設定
  • 「大津市公共施設適正化計画」の策定、公表
平成27年度
  • 市民センターの業務量調査
  • 市民との意見交換(自治連合会分科会、「地域別在り方検討会」)

-

 

平成28年度
  • 市民意識調査、各種団体アンケートの実施
  • 市民センター機能ごとの検討方針の決定
  • 支所の選定条件の検討

-

 

平成29年度
  • 市民センター機能等の在り方検討に関する素案の公表
  • 素案に対する意見集約
  • 公民館自主運営モデル事業の実施
  • 新たな地域自治組織(まちづくり協議会)の制度設計
  • 「大津市行政改革プラン2017」の策定、公表
  • 「大津市都市計画マスタープラン」の策定、公表
  • 「大津市総合計画2017」の策定、公表

大津市の考えるこれからの市民センターの姿

現在、市民センターには、貸館やサークル活動の場としての公民館と、証明書発行や行政相談等の窓口としての支所の役割があります。また、地域防災の拠点や地域自治の拠点としての役割も担っています。この役割のうち、支所機能については集約し、その他の機能については、現在の建物を活用して、存続していくことを考えています。

公民館はコミュニティセンター化

市民センターの建物はサークル活動や住民交流、防災の拠点として活用していきます。すべての公民館はより柔軟に利用できるコミュニティセンターとして、地域による運営へ移行し、まちづくり活動の拠点としていきます。

支所は集約化

行政窓口を一部の市民センターに集約し、事務を効率化します。支所機能のない市民センターには、移動行政相談員による巡回相談を検討します。

 

市民センターの姿

検討内容の周知用資料について

市民センター機能等のあり方検討の背景や目的、市民センターの将来像など、今までの検討内容についてまとめましたので、ご覧ください。

市民センターのこれからのあり方について(PDF:1.6MB)

市民センター機能等のあり方検討に係る意見交換会を開催します。

市民センター機能等のあり方検討に対して、市民の皆様とコーディネーターやアドバイザーを交えた意見交換会を開催します。当日は自由に傍聴いただくことができます。

開催日

7月16日(月曜・祝日)10時から

会場

市役所別館大会議室(傍聴のみ)
大津市御陵町3番1号

参加者

  • 市民(参加者は決定しています)
  • コーディネーター、アドバイザー
  • 大津市(大津市長ほか関係部局の職員)

コーディネーター

  • 赤井 伸郎 氏(大阪大学国際公共政策研究科教授)

アドバイザー

  • 増井 玲子 氏(行政改革アドバイザー・東洋大学PPP研究センター リサーチパートナー)
  • 前川 拓郎 氏(弁護士:あさひパートナーズ法律事務所)
  • 西垣 泰幸 氏(大津市公共施設マネジメント推進委員・龍谷大学経済学部教授)

3地域での市民意見交換会を開催します。

市の検討内容をご説明し、様々なご意見をいただくため、次の日程で市民意見交換会を開催します。事前の申し込みは不要です。ぜひご参加ください。

市民意見交換会

開催日 会場
7月21日(土曜日)10時から 生涯学習センター ホール(定員500人)
大津市本丸町6番50号
7月28日(土曜日)10時から 和邇文化センター ホール(定員500人)
大津市和邇高城12
8月18日(土曜日)10時から 市役所別館大会議室(定員180人)
大津市御陵町3番1号

ご都合のよい会場にお越しください。時間は1時間30分程度の予定です。駐車場台数が限られますので、公共交通機関でお越しください。

市民意見交換会(PDF:807.7KB)

大津市市民センター機能等あり方検討資料について

平成26年度

大津市市民センター機能等あり方検討報告書(PDF:2MB)

平成27年度

大津市市民センター機能等あり方検討報告書(PDF:1.7MB)

参考資料1 全体地図(PDF:864.3KB)

参考資料2 詳細地図(小松・木戸・和邇・小野・葛川・伊香立・真野・真野北・堅田・仰木・仰木の里・雄琴・坂本・日吉台・下坂本)(PDF:1.7MB)

参考資料2 詳細地図(唐崎・滋賀・山中比叡平・藤尾・長等・逢坂・中央・平野・膳所)(PDF:1.5MB)

参考資料2 詳細地図(富士見・晴嵐・石山・田上・上田上・青山・瀬田・瀬田南・瀬田東・瀬田北)(PDF:1.9MB)

参考資料3 周辺施設(PDF:401.3KB)

参考資料4 支所間アクセス(車)(PDF:96.8KB)

参考資料4 支所間アクセス(電車)(PDF:111.7KB)

参考資料5 PFIについて(PDF:643.8KB)

平成28年度

大津市市民センター機能等検討方針について(PDF:1.8MB)

『大津市市民センター』に関する市民意識調査報告書(PDF:1.4MB)

利用者団体アンケート集計結果(PDF:990KB)

大津市市民センター機能等在り方検討報告書(目次~これまでの検討の経緯)(PDF:1.1MB)

大津市市民センター機能等在り方検討報告書(市民意識調査及び利用者団体アンケート)(PDF:1.5MB)

大津市市民センター機能等在り方検討報告書(市民センターの再編~今後の検討すべき課題)(PDF:1.3MB)

平成29年度

市民センター機能等の在り方について、平成26年度から検討を始め、4機能ごとの検討方針に基づく素案をまとめました。今後、この素案をもとにさらなる検討を行っていきます。

大津市市民センター再編素案(PDF:1.8MB)

平成30年度

市民センター機能等に関する検討の背景や目的、これからの市民センターの将来像、代替サービスなど、これまでの検討内容について、市民の皆様にお知らせするため、意見交換会等を開催していきます。

市民センターのこれからのあり方について(PDF:1.6MB)

お問い合わせ先
市民部 市民センター改革推進室
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2905
ファックス番号:077-523-0411
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

7/21,7/28,8/18,意見募集

ページトップへ