大津市の「平成25年合計特殊出生率」が向上した要因分析調査の結果について

更新日:2018年08月27日

大津市では、平成25年に合計特殊出生率が、前年より0.07ポイント向上し、1.48となりました。平成25年は、全国・県ともに合計特殊出生率が横ばい状況にあっただけに、本市が向上した要因の分析を行い、その要因から少子化対策に有効な施策を見出すことが重要と考えました。

本調査結果を今後の少子化社会対策及び子育て支援施策の充実、効果的実施に向けて活用し、子どもの幸せを社会全体で支え合い、子どもが健やかに育つ環境づくりに取組みます。

調査の概要

1.調査対象

大津市内在住で、平成25年に出産された方

2.調査期間

平成27年7月13日(月曜)から7月31日(金曜)

3.有効回収数

1,382人〔有効回収率52.4%)

4.調査方法

郵送配布・郵送回収

5.調査項目

  • お子さんと保護者さんの状況について
  • 結婚について
  • 仕事と子育ての両立について
  • 出産しようと思った理由について
  • お子さんの育ちをめぐる環境について
  • 大津市の子育てについて

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉子ども部 子ども家庭課
〒520-8575 市役所新館7階
電話番号:077-528-2804
ファックス番号:077-525-8767

子ども家庭課にメールを送る
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。