現在の位置

これまでの『市長ミーティング』 第121回~

更新日:2018年1月19日

第121回 

【開催日時】 平成29年10月13日(金曜)

【グループ名】 第2回 大津deあえる移動Cafe「ウィメンズ茶輪+」 12名

【会場】 コワーキングスペース大津

 第121回目は、「起業したい」「社会に貢献したい」といった行動を起こしたい子育て中の女性の皆さんと、「子育てと仕事の両立」についての意見交換を行いました。

 

第121回市長ミーティング

【市長より】

 この移動カフェは今年で2年目となり、起業を目指す女性を中心に、起業だけに留まらず、何か行動したいと考えている女性が参加し、「気軽にネットワークづくりや専門家や仲間との交流ができる」と大変好評をいただいています。今回は参加者の皆さんから、子育てをしながら働く中での思いをお聞かせ頂きました。

 小さなお子さんがおられる方から、子どもが熱を出してどうしても仕事を休めない時、病児保育が必要であり、病児保育を実施する施設を増やしてほしい、利用しやすくしてほしい、というご意見をお聞きしました。大津市では今後病児保育施設の新設を予定をしておりますが、ただ増やすだけでなく、周知にも力を入れ、必要とする方々にその存在を知って頂けるようにして参りたいと思います。

 今回お聞きしたお話を参考に、安心して働きながら子育てができる環境の整備を進めるとともに、今後もこういった取り組みによって働く女性の皆さんの夢や希望を後押ししていきたいと思います。

第122回 

【開催日時】 平成29年10月30日(月曜)

【グループ名】 大津市立日吉台小学校PTA 7名

【会場】 大津市役所

 第122回目は日吉台小学校PTAの皆さんと、今年度から始まったコミュニティ・スクール(CS)で取り組まれていることや今後の日吉台小学校の展望について意見交換を行いました。

第122回市長ミーティング

【市長より】

 日吉台小学校では、今年度から学校と保護者と地域が連携して学校運営をする「コミュニティ・スクール(CS)」としての取り組みを始めました。全学年が1学級という学校の現状から、PTAの皆さんは少人数の小学校ならではのメリットを生み出すために日々取り組まれています。

 CSの活動の一つとして、理想の小学校実現に向けて昇降口に意見箱を設置し、広く意見を募っておられますが、少人数に対する不安の声が保護者から多く寄せられるそうです。子ども達にはたくさんの人とふれあって豊かな経験を積んでほしいという保護者の思いを実現させるため、大津市ではCSを活用して可能な範囲で近隣の学校と交流をするなどの検討を進めていきたいと考えています。

 人口減少局面を迎えた大津市にとって、少子化に伴う学級数の減少は今後直面する課題でもありますので、子ども達を育てていくための最良の環境を整えることができるよう、力を尽くして参ります。

第123回 

【開催日時】 平成29年11月10日(金曜)

【グループ名】 瀬田の町と瀬田川を活かすグループ 21名

【会場】 橋本浜自治会館

 第123回目は、瀬田の町と瀬田川を活かすグループの皆さんと、瀬田川を活用したまちづくりについて意見交換を行いました。

第123回市長ミーティング

【市長より】

 瀬田の町と瀬田川を活かすグループの皆さんは、かつて瀬田川でシジミ漁が盛んに行われていた時のような活気あふれるまちを取り戻したいという思いで、瀬田地域の観光資源をもっと活かしていこうと様々な活動を展開されておられます。

 瀬田川は、シジミ漁以外にも大津三大祭の一つである船幸祭やボート競技なども盛んに行われており、全国から人が集まる大津の名所と言えます。近年は、国内からのみならず海外から大津を訪れてくださる観光客も増加しておりますので、そういった方にも是非瀬田川の良さを知っていただきたいと考えております。

 今回お話しさせて頂いた皆さんとも協力し合いながら、瀬田の町と瀬田川を基点とした大津の魅力を発信する機会を最大限活かし、市の発展にも繋げて参りたいと思います。

第124回 

【開催日時】 平成29年11月17日(金曜)

【グループ名】 認知症カフェ グリーンカフェ 15名

【会場】 グリーングラス富士

 第124回目は、『認知症カフェ グリーンカフェ』にご参加の皆さんと、カフェでの活動や認知症の予防等について意見交換を行いました。

第124回市長ミーティング

【市長より】

 秋葉台にある『認知症カフェ グリーンカフェ』は、認知症予防や介護予防の勉強・情報交換を目的に、月に一度開催しておられ、雑貨を作ったり体力測定をしたりと毎回様々な活動をされています。グリーンカフェに来られている方の中には、自分の住んでいる地域でこのような活動をしている場が無いとのことで、大阪など遠方からお越しになられている方もおられるそうです。今回お伺いさせて頂いた日は、10月に行かれた遠足のアルバムづくりを楽しそうにされていました。

 大津市でも高齢化が進む中、グリーンカフェのように認知症や介護について仲間と学べる空間は、高齢の方にとってもそのご家族の方にとっても正しい知識を身に着けることのできる貴重な場所であると思います。今後こういった活動がさらに広がることによって、高齢の皆さんが長く元気で健康に過ごせるようになることを大いに期待しております。

 大津市内にこのような施設を増やし、より多くの方に参加して頂き、皆さんに楽しく年を重ねて頂きたいと思います。

第125回 

【開催日時】 平成29年11月20日(月曜)

【グループ名】 大津市消防団女性団員 7名

【会場】 南消防署

 第125回目は、大津市消防団女性団員の皆さんと、消防団の活動の中で女性消防団員が果たす役割と今後の活動について意見交換を行いました。

第125回市長ミーティング

【市長より】

 大津市消防団は36分団ありますが、そのうち女性消防団員がおられる分団は現在2分団のみで、滋賀県内の他市と比べると、大津市は女性消防団員が少ないことが課題となっています。今回はそのうちの一つである晴嵐分団の女性団員の皆さんとミーティングをさせて頂きました。

 消防団と言えば男性が多いというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、災害時等で女性が必要な場面はたくさんあります。被災者の中には小さなお子さんや、男性団員から手を借りることを遠慮される女性の方もおられ、そういった方にとって女性団員はとても安心できる存在です。女性ならではのきめ細やかな視点を生かしてさらに活動の幅を広げて頂きたいと思いました。市としても、女性消防団員の活動や役割を多くの方に知って頂けるよう周知に努めて参ります。

 女性消防団員として活動したいという思いをお持ちの方は、是非消防団の一員になって頂き、地域防災の一翼を担って頂きたいと思います。

お問い合わせ先
政策調整部 秘書課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2700
ファックス番号:077-521-0428
メールを送る

ページトップへ