現在の位置

これまでの『市長ミーティング』 第131回~第140回

更新日:2018年4月6日

第131回 

【開催日時】 平成29年12月20日(水曜)

【グループ名】 『みんなで、大津』実行委員会 10名

【会場】 大津市市民活動センター

 第131回目は、『みんなで、大津』実行委員会の皆さんから、市民活動支援クラウドファンディング『みんなで、大津』のサイトと掲載企画についてお話をお聞きしました。

 

第131回市長ミーティング

【市長より】

 最近耳にする機会が増えてきた「クラウドファンディング」は、商品やイベントなどのアイデアをインターネット上で提案し、賛同者から資金を集める仕組みです。その大津版のサイトである『みんなで、大津』は、地元大津に密着した市民活動の支援と交流を目的とした独自のクラウドファンディングサイトで、資金を集めることに加え、ボランティア等の人材募集も行っています。今回はその運営に携わる方々とミーティングをさせて頂きました。

 サイトに掲載予定の企画をいくつかご紹介頂きましたが、地域の魅力がたくさん詰まった企画ばかりですので、今後このサイトを利用する団体がさらに増え、地域に密着した良さを広く発信して頂けるよう期待しています。サイトでは団体同士でのネットワークづくりも支援できるということですので、協力し合える人等との繋がりも大切にしていって頂きたいと思います。

 1月末に開設された『みんなで、大津』のサイトは、既にいくつかの企画で、賛同してくださる人や寄付金の募集が始まっています。是非サイトをアクセスし、皆さんが面白そうだと思う企画を探してみてください。

第132回 

【開催日時】 平成30年1月18日(木曜)

【グループ名】 滋賀県堅田看護専門学校学生と学校関係者の皆さん 8名

【会場】 大津市役所

 第132回目は、滋賀県堅田看護専門学校聖湖祭実行委員会の皆さんから、学校祭での活動や看護師を目指す思いなどについてお話をお聞きしました。

第132回市長ミーティング

【市長より】

 今回は、滋賀県堅田看護専門学校の学校祭である聖湖祭の実行委員会の皆さんから、10月に開催された聖湖祭での活動内容や終えられての感想、そして卒業後の目標についてお話をお聞きしました。

 聖湖祭では、県内の病院と協力し合ってバザーを開催したり、皆さんが普段勉強されていることを活かした健康に配慮した食事を模擬店で来場者に提供するなど、看護学校ならではの活動に取り組み、学校関係者、病院関係者、地域の人が”繋がり”を深める良い機会になったとお聞きしました。その”繋がり”をこれからも大事にしたい、と卒業後は地元で看護師として働くことを希望される学生が多いと伺いましたので、学校での経験を地域の方々のために活かし、地域の中で大いにご活躍してくださることを期待しております。

 学生の皆さんには、今後も積極的に地域のイベント等に参加して頂き、地域の方々の健康を支える存在になって頂けると大変嬉しく思います。

第133回 

【開催日時】 平成30年1月30日(火曜)

【グループ名】 大津・女性ビジネスプランコンテストファイナリスト 10名

【会場】 大津市役所

 第133回目は、大津・女性ビジネスプランコンテストファイナリストの皆さんから、今後の事業展開や参加されての感想についてお話をお聞きしました。

第133回市長ミーティング

【市長より】

 大津・女性ビジネスプランコンテストは、女性による新たな事業の創出や優れたビジネスプランの発掘を行い、それらの事業化に向けた支援を行うことを目的として今年度初めて開催し、12月16日には応募頂いたビジネスプランの中から入賞作品の発表と表彰式を行いました。今回はファイナリストの皆さんのビジネスプランの内容を、コンテストに参加された感想も交えながらお話しして頂きました。

 ファイナリストの皆さんのビジネスプランの中には、関心を持ってくださった企業から支援の申し出を頂いたり、お仕事の依頼を受けるなど、それぞれ事業化に向けて動き出しているものもあることをお聞きしました。コンテストに参加したことで、夢を実現できる具体的な道筋が得られたと喜びの声を頂き大変嬉しく思っています。大津市を女性の起業の聖地にすることを目標に、先輩起業家となられる皆さんにもご協力頂きながら、今後も継続してコンテストを開催して参りたいと思います。

 たくさんの女性にビジネスを始めるチャンスをつかんで頂き、市内で女性の起業の輪が広がってほしいと思います。起業に興味のある女性の方は是非ご参加頂き、夢を叶える一歩を踏み出しましょう!

第134回 

【開催日時】 平成30年2月5日(月曜)

【グループ名】 電車と青春21文字プロジェクト 10名

【会場】 明日都浜大津

 第134回目は、電車と青春21文字プロジェクトの皆さんと、これまで10年間で「大津発の21文字の文芸」を浸透させるために取り組まれてきたことや寄せられた作品の今後の活用方法についてミーティングを行いました。

第134回市長ミーティング

【市長より】

 皆さんは、京阪電車石坂線の車両内に掲示された青春21文字のメッセージを目にされたことはありますか?今年は、「駅・ことば・忘れ物」をサブテーマとして、海外を含めたたくさんの方々から心の込もった力作が多数寄せられました。

 『青春21文字のメッセージ』という名前は、京阪電車石坂線が21駅であること、そして沿線に学校が多い通学路線であり青春を連想させるということにちなんで名付けられました。毎年国内外から多数の方にご参加を頂いているこの活動も、今年度で11回目を迎え、大津市ならではの文化イベントとして大変好評頂いているとお聞きしました。今回は市内の中学校に通う生徒さんの作品を大津市長賞に選出させて頂きましたが、応募頂いた作品はどれも青春を思い出させてくれる素晴らしい作品ばかりでした。他の入賞作品は『電車と青春21文字のメッセージ』のホームページや、近江勧学館など市内各所にも掲示されていますので、是非ご覧ください。

 これらのメッセージを通して、全国の方々に京阪電車石坂線が走る大津の魅力が届きますよう、これからもこのプロジェクトを応援して参ります。

第135回 

【開催日時】 平成30年2月6日(火曜)

【グループ名】 びわ湖パノラマウォーク実行委員会 10名

【会場】 大津市役所

 第135回目は、『おごと温泉・びわ湖パノラマウォーク』実行委員会の皆さんから、スポーツ文化ツーリズムアワード2017マイスター部門奨励賞受賞報告を受け、今後の取り組み等についてミーティングを行いました。

第135回市長ミーティング

【市長より】

 『おごと温泉・びわ湖パノラマウォーク』は毎年9月に開催されており、びわ湖の景観を楽しみながら、比叡山延暦寺をはじめ、石山寺、三井寺、近江神宮、浮御堂など、市内の寺社仏閣を巡り、近江の食も味わうことのできるウォーキングイベントです。おごと温泉を拠点に距離の異なる複数のコースが用意されており、幅広い世代に楽しんで頂くことができ、他のマラソンやウォーキングイベントにはないスポーツ・観光・文化が一度に味わえる点等が評価され、スポーツ文化ツーリズムアワード2017マイスター部門奨励賞を受賞されました。

 実行委員会の皆さんは、今後ホームページ等の多言語対応などイベント周知に力を入れ、国内外問わずたくさんの方々にご参加頂き、さらにこのイベントが盛り上がるよう取り組んでいきたいとお話しされていました。市としても、大津を知ってもらう機会を増やし、多くの方に大津の魅力を満喫して頂きたいと思います。

 世界に誇れる大津の見どころがたくさん詰まったパノラマウォークに皆さん是非ご参加頂き、大津の自然と歴史・文化を肌で感じてみてください。

第136回 

【開催日時】 平成30年2月14日(水曜)

【グループ名】 大津保護区保護司会 7名

【会場】 大津市役所

 第136回目は、大津保護区保護司会の皆さんから普段の活動について経験談を交えながらお話をお聞きしました。

第136回市長ミーティング

【市長より】

 保護司とは、都道府県の区域を分けて定められた保護区において、犯罪や非行をした人への保護観察の実施や犯罪予防のための講演会の開催など、犯罪のないまちづくりのために活動されている方々です。今回は大津保護区に所属されている保護司の皆さんの経験談をお聞きする中で、就労先のある方の再犯率が低いという実情を知り、社会復帰を目指す方々の就労の重要性を改めて感じました。

 再犯防止や社会復帰を進めるにあたっては、保護司や保護観察所、前歴を承知した上で雇用してくださる協力雇用主の方々との連携が必要です。立ち直りを支える上で重要な就労支援の面では、就労先の職種に偏りがあったり、面談を行う場所の確保が難しかったりと現状で改善すべき課題がたくさんあるとお聞きしました。市としても、関係機関との情報共有等の拠点となる場所の提供について、今後も皆さんのお話を伺いながら考えていきたいと思います。

 犯罪や非行のない明るい大津を目指して、皆さんの活動を多くの方に伝え理解を深めることによって、市全体で立ち直りを支えていけるよう取り組んで参りたいと思います。

第137回 

【開催日時】 平成30年2月14日(水曜)

【グループ名】 フリースタイルスケートボード世界チャンピオン山本 勇(やまもと いさむ)さんと後援会の皆さん 11名

【会場】 大津市役所

 第137回目は、フリースタイルスケートボード世界チャンピオン山本 勇(やまもと いさむ)さんと後援会や関係団体の皆さんから、スケートボードの魅力やこれまでの活動などについてお話をお聞きしました。

第137回市長ミーティング

【市長より】

 プロスケートボーダーの山本 勇(やまもと いさむ)選手は、昨年5月にカナダで行われたスケートボード競技大会「ワールドフリースタイルラウンドアップ2017」プロ部門で日本人初優勝を果たされました。スケートボードは2020年東京オリンピックの正式競技として決定しており、ローラースポーツの熱気が今後さらに高まることが期待されています。

 今回ご参加頂いたローラースポーツ連盟の方からは、スケートボードの人気が高まるにつれ練習の場が増え、山本選手のような世界で活躍する選手が今後たくさん育ってほしいというお話をお聞きしました。私も7月に山本選手のパフォーマンスを市役所で拝見させて頂き、迫力のある技に魅了されました。スケートボードがより身近なスポーツになり、東京オリンピックを目指す競技人口が増えていってほしいと思います。

 これからもスケートボード界を熱く盛り上げる山本選手から目が離せません。今後のさらなる活躍を楽しみにしています。

第138回 

【開催日時】 平成30年2月14日(水曜)

【グループ名】 関蝉丸神社芸能祭実行委員会 6名

【会場】 大津市役所

 第138回目は、関蝉丸神社芸能祭実行委員会の皆さんから、関蝉丸神社芸能祭のこれまでの活動と今後の取り組みなどについて意見交換をさせて頂きました。

第138回市長ミーティング

【市長より】

 関蝉丸神社芸能祭は、芸能の祖神である蝉丸を現代によみがえらせ、伝統的な芸を通して大津の芸能・文化の発展を多くの方に伝えるとともに、地域の活性化に繋げたいという実行委員会の皆さんの想いから、平成27年に始まりました。これまで3回開催され、舞踊、落語、声楽、能楽や狂言、ピアノの弾き語り等、様々な芸能が披露されています。

 実行委員会の皆さんからは、今後も引き続き芸能祭を開催していくために、老朽化の進む社殿の早急な改修が求められているとお聞きし、今後の誘客や修復費の調達に関して、クラウドファンディングの利用やPR方法等について意見交換をさせて頂きました。

 関蝉丸神社芸能祭をきっかけに、関蝉丸神社を訪れる人が増え、たくさんの方に大津の芸能や文化に触れて頂けるよう、これからも皆さんの活動を応援していきたいと思います。

第139回 

【開催日時】 平成30年2月15日(木曜)

【グループ名】 女性起業家の経営スクール受講生 18名

【会場】 ピアザ淡海

 第139回目は、大津市女性起業家の経営スクール受講生の皆さんから、スクールに参加されての感想や女性起業家として今後取り組んでいかれることについてお話をお聞きしました。

第139回市長ミーティング

【市長より】

 平成29年9月より、大津市の委託事業として、既に起業をされている女性起業家やこれから起業をされる女性の方を対象に、経営に関する知識やノウハウを学ぶための経営スクールを実施してきました。今回は、スクールを修了された受講者の皆さんから自身の事業についてご紹介を頂き、苦労した事や今後取り組んでいかれる事、スクールに参加されての感想をお聞きしました。

 皆さんがスクールに参加されたきっかけは、さらに事業を拡大したい、新しく何かを始めたいなど様々でしたが、受講後はスクールで習得した経営のノウハウ等を実践していきたいと強い意気込みをお聞きすることができました。皆さんの活き活きとした笑顔を拝見し、この経営スクールが皆さんの夢を後押しする良い機会になったと実感でき、大変嬉しく思いました。大津市ではこれからも経営スクールを実施し、女性起業家の皆さんを支援して参りますので、修了生の皆さんにも引き続き先輩としてご協力頂ければと思います。

 起業にご興味のある方は是非ご参加頂き、応援企業や同じ志の仲間との繋がりをつくり、夢を叶えていってほしいと思います。

第140回 

【開催日時】 平成30年2月15日(木曜)

【グループ名】 第5回 女性活躍推進に関するホンネ座談会 25名

【会場】 びわ湖大津館

 第140回目は、今年度最終回となる『女性活躍推進に関するホンネ座談会』にご参加の皆さんから、女性が働きやすい社会にするために必要なことについてご意見をお聞かせ頂きました。

第140回市長ミーティング

【市長より】

 今回の座談会は、市内事業所の企業経営者や、管理職、男性社員、女性社員など、職場における様々な立場の方にご参加頂きました。皆さんから、働きやすい職場をつくるためには職場内のコミュニケーションの活性化が必要だとのご意見をお聞きし、育児休暇などの制度を整えることはもちろん、その制度をきちんと運用していくための風土改革にも取り組んでいくことが重要だと改めて感じました。

 また、お話をする中で、病児保育など市の制度の周知が十分ではないと感じられましたので、子育てをしながら働く多くの方々に制度を利用して頂けるよう努めて参ります。

 今年度5回にわたって開催して参りましたこの座談会での交流によって得られた様々な情報や考え方を、ご参加頂いた皆さんの職場での今後の取り組みに活かして頂ければ嬉しく思います。ご参加・ご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

お問い合わせ先
政策調整部 秘書課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2700
ファックス番号:077-521-0428
メールを送る

ページトップへ