個人情報保護制度

更新日:2018年10月31日

大津市では、市が保有するすべての個人情報の保護を図るため、個人情報保護条例を制定し、平成16年7月から実施しています。

大津市個人情報保護条例(大津市例規集にリンク)
大津市個人情報保護条例施行規則(大津市例規集にリンク)

個人情報保護制度とは

市民の皆さんのプライバシーを守るため、個人情報を取り扱う際の基本的なルールを定めたものです。

また、この制度では、市が保有している自分の情報について、開示の請求をしたり、訂正や利用の停止などを求めることができる権利を保障しています。

大津市が個人情報を取り扱う際のルール

取得の制限

市が個人情報を取得するときは、取得の目的を明確にし、原則として本人から取得します。また、思想・信条・宗教など、その取扱いに注意を要する情報は、原則として取得しません。

目的外利用・提供の制限

事務の目的を超えて、個人情報を市の内部で利用したり、市の外部に提供したりすることは、原則として行いません。

適正な維持管理

市が保有している個人情報を正確かつ最新の状態に保ちます。漏えい、滅失、き損、改ざんの防止等のため、必要な措置を講じます。必要がなくなった個人情報は速やかに廃棄・消去します。

電子計算機等の結合による提供の制限

市の外部とのオンライン処理を制限するなど、電子計算機等の結合による個人情報の処理に必要な保護措置を講じます。

個人情報取扱事務の登録、閲覧

市が行う個人情報を取り扱う事務について、個人情報を取り扱う事務の目的、内容などを記載した登録簿を作成し、市政資料コーナー(大津市役所、新館7階)で閲覧できるようにします。

本人開示・訂正・利用停止請求

どなたでも、市が保有する 自己の個人情報について、開示請求、訂正請求、利用停止請求を行うことができます。下記リンクをご参照下さい。

不正な利用を行った者への罰則

次のような行為を行った場合には、懲役や罰金などの罰則が適用されます。

  • 市の職員(退職後含む)等が、正当な理由なく個人情報ファイルを提供したり、不正な利益を図る目的で保有個人情報を提供・盗用した場合
  • 市の職員が職権を濫用し、職務と無関係に個人の秘密に属する情報を収集した場合
  • 市の個人情報を取り扱う事務の受託業者の代表者や従業員等が、正当な理由なく個人情報ファイルを提供したり、不正な利益を図る目的で保有個人情報を提供・盗用した場合当該代表者や従業員等を罰するほか、その受託業者も処罰する
  • 不正な手段により、本人開示請求による個人情報の開示を受けた場合(過料)

出資法人の個人情報保護

市が出資している法人のうち下記の出資法人は、各法人が独自に個人情報保護規程を設け、個人情報保護制度を実施しています。 詳しくは、各法人または市政情報課へお問い合わせください。

出資法人の個人情報保護規程
名称 住所 電話番号
公益財団法人 大津市公園緑地協会 大津市浜大津四丁目1-1 077-527-1555
社会福祉法人 大津市社会福祉事業団 大津市浜大津四丁目1-1 077-527-9552
一般財団法人 大津市勤労者互助会 大津市打出浜1-6 077-522-6499

 

この記事に関する
お問い合わせ先

政策調整部 市政情報課
〒520-8575 市役所新館7階
電話番号:077-528-2718
ファックス番号:077-523-1434

市政情報課にメールを送る