現在の位置

指定管理

指定管理者制度とは…

 平成15年9月、「地方自治法の一部を改正する法律」の施行により、公の施設の管理制度が改められ、「指定管理者制度」が創設されました。これにより、従来、公共団体と公共的団体に限られていた管理委託の対象が、広く民間企業や各種法人にも認められることとなりました。

 本市においても、多様化する住民ニーズに、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用し、住民サービスの向上を図るとともに、経費の削減を目的として、平成17年11月に公人屋敷で初めて指定管理者制度を導入して以来、これまで積極的に導入を図っています。

指定管理者制度導入施設モニタリング指針

 この指針は、指定管理者制度を導入した公の施設の管理に関するモニタリングの基本的な考え方や実施方法について定めたもので、平成24年度以降は、この指針に基づき、指定管理者と施設所管課双方で評価を実施しています。

指定管理者制度導入施設モニタリング指針(PDF:929.4KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ