現在の位置

平成29年度市民税・県民税申告書

更新日:2017年1月18日

申告の必要な人

平成29年1月1日現在、大津市内に居住していた人(平成29年1月2日以降に大津市外に転出された人も含みます。)で、平成28年中(1月~12月)の所得が次に該当する人。

  1. 営業、保険外交、農林水産業などの事業による所得や地代、家賃、配当などの所得のあった人
  2. 給与所得の他に各種の所得(不動産、配当、雑所得、農業等)のあった人
    【給与所得以外の所得が20万円以下の人は、所得税の確定申告は不要ですが、市民税・県民税の申告は必要です。】
    上記の方は所得金額の計算に必要な収支内訳書、源泉徴収票等を添付台紙に貼付してください。
  3. 2ヶ所以上から給与の支払いを受けている人
    【年末調整をされなかった給与の収入金額と給与所得以外の各種所得の合計金額が20万円以下の人は、所得税の確定申告は不要ですが、市民税・県民税の申告は必要です。】
  4. 給与所得のみで勤務先から大津市に給与支払報告書が提出されていない人
  5. 給与所得のみで、平成28年の中途で退職し、再就職されていない人
  6. 公的年金等による雑所得のみの人であっても、医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、配偶者控除などの各種控除を受けようとする人
    上記の方は源泉徴収票、生命保険料控除証明書等を添付台紙に貼付してください。
  7. 日給による給与収入で所得税を源泉徴収されていない人【源泉徴収票を交付されていない人】
    上記の方は申告書裏面の「6給与所得の内訳」欄に月別の収入金額を記入してください。
  8. 所得はなかったが、国民健康保険の加入世帯及び各種福祉関係の助成制度、就学奨励金の給付、公営住宅の入居の申請等をされる人や非課税証明書、所得証明書が必要な人

申告をしなくてもよい人

  1. 平成28年分の所得税の確定申告をした人
  2. 平成28年中の所得が給与所得のみで、勤務先から大津市に給与支払報告書が提出されている人
  3. 平成28年中の所得がなかった人で、上記「申告の必要な人8.」の各申請等や非課税証明書、所得証明書が不要な人
  4. 平成28年中の所得が公的年金収入のみで、その収入金額(支払金額)の合計が下記の金額以下の人

 

昭和27年1月1日以前の生まれの方(65歳以上)

夫婦世帯 (妻の所得が38万円以下で、妻が夫の税法上の扶養家族である場合)211万円以下
独身世帯 (税法上の扶養家族がいない場合)155万円以下

 

昭和27年1月2日以降生まれの方(65歳未満)

夫婦世帯 (妻の所得が38万円以下で、妻が夫の税法上の扶養家族である場合) 171.3万円以下
独身世帯 (税法上の扶養家族がいない場合) 105万円以下

上記金額以下の方は市民税・県民税が非課税になります。
(公的年金については、その支払者から支払い金額が記載された「公的年金等支払報告書」が大津市に提出されます。ただし、障害年金、遺族年金は除きます。)

申告書の書き方の主な注意点

  1. 社会保険料控除のうち、国民年金保険料については領収書等支払証明書が必要です。
  2. 配偶者控除と配偶者特別控除は、重複してその適用を受けることはできません。配偶者控除は配偶者の所得が38万円以下の場合にその適用を受けることができます。配偶者特別控除は配偶者の所得が38万円超76万円未満の場合にその適用を受けることができます。
  3. 平成28年中の合計所得が125万円以下の方は、障害者控除、寡婦または寡夫控除を申告していただくことによって、市民税・県民税が非課税となります。適用条件については下記ダウンロードページ「平成29年度市民税・県民税申告書の書き方」の2ページをご参照ください。
  4. 農業所得のある方は、収入の伝票、経費の領収書などで「収支内訳書」を作成し、農業所得を計算してください。
  5. 海外居住者の親族を扶養にとられる場合は、親族関係書類及び送金関係書類が必要です。
  6. 今年度より申告書に申告者や扶養親族の個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。また、マイナンバーカード等の本人確認書類の提示またはその写しの添付が必要です。本人確認書類としては、〔マイナンバーカード(番号確認書類+身元確認書類)〕もしくは〔通知カード(番号確認書類)〕+〔運転免許証、住基カード<顔写真入り>、公的医療保険の被保険者証など(身元確認書類)〕が必要です。

申告用紙の配布

前年の申告実績がある人には、平成29年1月下旬に市県民税の申告書をお送りします。今回お送りする申告書は複写式の用紙ではありませんので、申告書の控えが必要な方は、同封の別紙控え用紙にご記入いただくか、申告書ご提出前にコピーをお取りください(市役所および支所窓口でのコピーは致しかねます)。

市民税・県民税申告受付日程

各支所での市民税・県民税申告受付の実施日は以下のとおりです。

各支所での受付日程(PDF:295.8KB)

申告書の提出先

市役所市民税課または最寄りの支所(添付書類がそろっているものは郵送でも可)

(注)確定申告書(大津税務署提出分)については支所等の出先機関ではお預かりできなくなりましたので、大津税務署に直接お持ちいただくか、郵送していただきますようお願いします。

申告に必要なもの

平成29年度市民税・県民税申告書:市民税課または支所に備え付けています。
農業所得、事業所得(営業、不動産等)のある人は収支内訳書:市民税課または支所に備え付けています。
源泉徴収票又は給与支払者の支払証明書:お勤めの会社から取り寄せてください。
各種(医療費、生命保険料等)控除証明書等:ご自身でご用意ください。
印鑑:ご自身でご用意ください。

この申告書の書き方は平成29年1月1日現在の法律に基づいています。なお、税法改正等により変更になる場合があります。

詳細については、下記のダウンロードをクリックして、記入の際参考にしてください。
また、平成29年度(平成28年分)市民税・県民税申告書は下記からダウンロードできます。なお、郵送される場合、控に受付印が必要な方は、返信用封筒を同封してください。(返信用封筒は宛名を記入し、必ず切手を貼ってください。)

ご参考

大津税務署以外での確定申告相談実施については、以下のとおりです。

近畿税理士会大津支部での確定申告相談日程

ダウンロード

平成29年度市民税・県民税申告書(PDF:638.5KB)

平成29年度市民税・県民税申告書 添付書類台紙(PDF:27.4KB)

平成29年度市民税・県民税申告書の書き方(PDF:523.9KB)

マイナンバーの提出に係る確認書類について(PDF:690.6KB)

なお、ご自身で確定申告書を作成される方は、下記国税庁ホームページ内の確定申告書等作成コーナーをご活用ください。

確定申告書等作成コーナー(国税庁)

お問い合わせ先
総務部 市民税課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2707
ファックス番号:077-524-4944
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

市県民税,住民税,税金,申告,確定申告

ページトップへ