コンビニでの証明書の取得について(マイナンバーカード)

更新日:2018年12月01日

利用者証明用電子証明書が搭載されたマイナンバーカードを利用して、住民票の写しや印鑑登録証明書などの証明書が、全国の所定のコンビニエンスストア等で取得できます。

マイナちゃんのイラスト「マイナンバー」

ご利用方法

コンビニエンスストア等に設置してある多機能端末(マルチコピー機)の液晶画面上に操作ガイダンスが表示されますので、ご自身で操作して証明書を取得してください。ご利用にはマイナンバーカードと利用者証明用電子証明書の暗証番号(4桁の数字)が必要です。

ご利用可能店舗

多機能端末(マルチコピー機)が設置されている全国の以下のコンビニエンスストア等でご利用できます。

  • セブン‐イレブン
  • ローソン(ローソンストア100を除く)
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • イオン
  • 平和堂

(注意)お近くの店舗に多機能端末(マルチコピー機)が設置されているか等、ご利用可能店舗の詳細な情報は、各事業者までご確認ください。

ご利用可能時間

6時30分から23時
(12月29日から翌年1月3日およびメンテナンス日はご利用いただけません。)

取得可能な証明書

住民票の写し(本人および同一世帯員分)

  • 住民票コードは記載できません。
  • 住所・氏名等の変更履歴は記載できません。
  • 転出や死亡による除票、改製原住民票及び転出予定者の住民票は発行できません。
  • 広域交付住民票は対象外です。

印鑑登録証明書(本人分)

  • 転出予定者は発行できません。
  • あらかじめ大津市に印鑑登録が必要です。

市県民税(非)課税(所得)証明書(本人の最新年度分)

  • 毎年6月1日から最新年度の証明書の発行が可能となります。
  • 申告のない方や賦課期日(1月1日)現在大津市に在住でなかった方などは、証明書が発行できません。
  • 修正申告等をされた場合は、証明書の内容が修正できるまで時間を要する場合があります。

手数料

いずれも1通200円
(市役所や支所の窓口で取得する場合に比べて100円お安くなります。)

注意事項

  • 暗証番号の入力を3回間違えると、カードがロックされ、証明書が取得できませんのでご注意ください。
  • コンビニエンスストア等で取得できる証明書は、A4サイズの用紙に印刷されます。印刷される用紙には、複数の偽造・改ざん防止技術が施されています。
  • 出力する証明書が2枚以上の場合、窓口の証明書とは異なりホッチキス止めされません。ページ番号でひと綴りのものと判断されます。
  • コンビニエンスストア等で取得された証明書の交換・返金はできません。
  • マイナンバーカードは、市役所や支所の窓口のカードリーダーでは使用できません。窓口で証明書を申請する場合は、申請書を記入し、提出してください。なお、窓口で証明書を申請した場合の手数料は住民票の写し、印鑑登録証明書、市県民税(非)課税(所得)証明書ともに1通300円です。窓口で印鑑登録証明書を請求するときは、必ず印鑑登録証(手帳)が必要です。
  • 住民票の写し、印鑑登録証明書について詳しくは戸籍住民課、市県民(非)課税(所得)証明書について詳しくは市民税課へお問い合わせください。

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 戸籍住民課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2731

戸籍住民課にメールを送る