LINEで友だち関係などの悩みを相談できます!

更新日:2018年11月05日

QRコードを読み込みする女性のイラスト

大津市では、LINE上で、中学生からの友だち関係やいじめなど、困りごとに関する相談受付を実施しています。

相談するためには、「おおつっこ相談LINE」に友だち登録する必要があります。
大津市立中学校に友だち登録するための「QRコード」が入ったポスターやカードがありますので、QRコードを読み取って、友だち登録してください。

LINEを利用したいじめ等に関する相談受付の概要

目的

現代の子どもたちが、コミュニケーションの手段として音声通話よりもLINEをはじめとしたSNSを日常的に利用しているという実態を受け、LINEを利用したいじめ等の相談受付等を実施することにより、相談しやすい環境づくりを進めることを目的としています。

相談受付期間

平日(年末年始は除きます)
17時から20時30分(相談対応は21時まで)

対象者

市立中学校の生徒 約9,000人

(保護者の方からの相談は対象外とさせていただきます。保護者の方からのご相談は、これまでどおり、「おおつっこほっとダイヤル」で承ります。)

おおつっこほっとダイヤル 0120-025-528

相談対応イメージ

相談者の気持ちを受け止め、傾聴し、どうするのが相談者にとって一番良いのか、一緒に考えます。
適切な相談窓口の紹介や、相談者の同意や希望に応じ、関係機関への連絡を行います。

LINEのイメージ画面

相談内容の秘密について

相談内容の秘密は必ず守ります。相談者の希望や同意が無い限り、保護者の方や学校の先生も含め、相談内容を誰かに勝手に伝えたりすることはありません。

ただ、相談者の身体や命に危険があると判断した時など、緊急の場合は、警察や学校、関係機関などに連絡して、相談者の安全を確保する場合があります。

また、相談内容については、誰が書いたか分からないように個人情報を削除した上で、LINEでの相談受付をより良いものにするための検証に利用します。

利用にあたっての注意事項

  1. カウンセラーが他の人の相談に対応中で、対応できない場合があります。しばらくしてから改めてメッセージを送ってください。相談が集中した場合は、その日のうちに対応ができない場合もあります。急いで相談したい場合は、電話での相談窓口を利用してください。
    相談窓口一覧 (PDF:186.7KB)
     
  2. 違う人に成りすますなど、うそや事実と異なる内容、いじめや友だち関係の悩みには関係の無い内容、スタンプを連打するなど、いたずらと判断されるような内容については対応できない場合があります。
     
  3. 1回の相談時間は概ね1時間までを目安にします。
     
  4. 1度相談を終了した後、再度相談する場合は、通常、別のカウンセラーが対応することになります。ただ、前回までのやりとりを読んだ上対応するので、そのまま前回からの続きの相談ができます。

「おおつっこ相談LINE」のマークが青色になっていることを確認してください

相談の前に、おおつっこ相談LINEのアカウントが、なりすましアカウントでないかを確認するために、「おおつっこ相談LINE」の左側のマークが、青色になっているか確認してください。(公式ではないアカウントは、マークが灰色になります。)

LINE公式イメージ画面

大津市いじめ防止対策用LINE@運用方針

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 いじめ対策推進室
〒520-8575 市役所別館2階
電話番号:077-528-2826
ファックス番号:077-523-7855

いじめ対策推進室にメールを送る
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。