環境保全協定を締結しました

更新日:2018年08月27日

ローム滋賀株式会社様と第11次環境保全協定を締結しました

大津市では、市と事業者が良きパートナーとして、持続可能な低炭素社会の実現に向けた取組として、市内の事業者と「環境保全協定」の締結を進めています。

「環境保全協定」は、大津市環境基本条例の趣旨にのっとり、市と事業者が連携を図りながら、環境にやさしいまちづくりを推進していくため、事業者の方々に地球環境に配慮した取り組みを実践していただくことを目的としています。

このたび、平成30年3月13日に、ローム滋賀株式会社様と、新たに環境保全協定を締結しました。

1 環境保全協定の締結日

平成30年3月13日(火曜)

2 締結事業所

ローム滋賀株式会社(大津市晴嵐二丁目)

締結の様子

環境保全協定締結証の交付を受ける様子

環境保全協定締結証を交付させていただきました。

環境保全協定締結証の交付後の記念撮影
ローム滋賀株式会社様の環境保全活動の取組紹介

ローム滋賀株式会社様より環境保全活動の取組み等をご紹介いただきました。

ローム滋賀株式会社様では、省エネ設備への更新と社員の意識啓発の両面からの環境負荷低減活動の推進や、徹底した廃棄物の削減取組みによるゼロエミッションの達成、水資源の保護、びわ湖や川の清掃活動などの社会貢献活動に積極的に取り組んでおられます。

さらに、ロームグループ全体でCSV(注1)に取り組んでおられるとのことで、ローム滋賀株式会社でも、製品をつくっていく中で、生産ラインを通して、SDGs(注2)の課題解決に貢献し、社内を盛り上げていきたいと今後の抱負をお話いただきました。

  • (注1)CSV:Creating Shared Value 世の中の社会課題に目を向け、それを本業で解決することで、事業機会を生み出し、自社の成長につなげていこうという考え方
  • (注2)SDGs:2015年9月に国連サミットで採択した、「産業と技術革新の基盤をつくろう」、「住み続けられるまちづくりを」などの17の「持続可能な開発目標」

環境保全協定書の内容

環境保全協定書には、環境管理体制の整備・充実、年1回の環境保全活動の実施状況についての報告、地域の環境保全活動への協力などが定められています。

環境保全協定の概要と締結事業所

環境保全協定の概要と締結事業所一覧については、下記をご覧ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 環境政策課
〒520-8575 市役所別館1階
電話番号:077-528-2760
ファックス番号:077-522-1097

環境政策課にメールを送る