現在の位置

大津市水防・土砂災害総合防災訓練を実施しました。

更新日:2017年5月19日

平成29年5月14日(日曜)、皇子が丘公園付近一帯で大津市水防・土砂災害総合防災訓練を実施しました。

この訓練は、出水期を迎える時期にあたり、災害時における円滑な水防活動を期し、水防思想の普及、水防体制の強化及び水防技術の習得を図るとともに、住民の水防に対する理解を深めることで、水害の未然防止や軽減に資することを目的として実施しました。

当日は、付近住民、滋賀学区自治連合会、自主防災会、各分団、多くの関係機関が参加し、実践活動に即した水防訓練を実施しました。

開会式

月の輪工法、釜段工法(漏水対策)

堤防の法面などに漏水した場合、漏水の噴出口を土嚢で囲み水を貯め、その水圧によって噴出を抑えます。

月の輪工法

月の輪工法

釜段工法

釜段工法

木流し工法、シート張り工法(洗掘対策)

水の流れで堤防が削り取られるのを防ぎます。

木流し工法

木流し工法

シート張り工法

シート張り工法

住民訓練 

大雨で土砂災害発生の恐れがある想定の下、避難訓練を実施しました。また、簡易水防工法、災害用トイレ、水害の基礎知識について学びました。

避難訓練

住民避難訓練

簡易水防工法

簡易水防工法

災害用トイレ

 災害用トイレ作成の様子

座学の様子

 座学の様子

水防専門員の講義、救助訓練

水防専門員、柗永氏による水防工法の講義を受講。
また、洪水により孤立した建物屋上に要救助者が取り残された想定で救助訓練を実施。要救助者2名を救助隊、滋賀県防災ヘリコプターが救出しました。

水防専門員の講話

 水防専門員、柗永氏の講義

救助訓練

 救助活動を行う救助隊と滋賀県防災ヘリコプター

大津市では、過去に大きな水害が発生しています。平成24年の大津市南部豪雨災害、平成25年の台風18号被害は記憶に新しいところです。

間もなく雨のシーズンがやってきます。地震などとは違い、水害はある日突然起こるものではありません。必ず大雨が降るなどの前触れがあります。皆さん、それぞれが防災に対する意識を高め、災害に備えましょう。

お問い合わせ先
消防局 中消防署
〒520-8575 市役所別館1階
電話番号:077-525-0119
ファックス番号:077-525-9906
メールを送る

ページトップへ