現在の位置

病気やけがをして困ったときは

更新日:2017年9月12日

休日や診療時間外の救急時、119番通報をする前に

 休日や夜間等の診療時間外に突然病気や怪我をした場合、どのような行動をされるでしょうか?

 119番通報をして、救急車を呼んでいいのか迷ってしまうかもしれません。

 そのような場合、119番通報以外に相談できる機関やサービスがあることをご存知でしょうか?

 救急車や救急センターを正しく効率的に利用するためにはどうしたいいのか考えてみましょう。

 

適正利用 救急車を呼ぶ前に考えよう

もし、救急車を呼ぶかの判断に困ったら

もし、救急車を呼ぶかの判断に困ったら、お住いの市町村に救急相談窓口があります。

救急医療ネットしが」は県内の医療機関の住所や診療時間・診療科目等からご希望される条件の医療機関を検索することができます。

受診可能な医療機関の案内番号は「077-525-3799」(24時間対応可)

小児の場合、「#8000」を押すとそこから各都道府県の相談窓口に自動転送なされ、医師や看護師が直接アドバイスをしてくれます。

相談可能の時間帯は大津市の場合、平日および土曜日 : 午後6時~翌朝8時
日曜日、祝日および年末年始(12月29日~1月3日) : 午前9時~翌朝8時

その他にも、医療機関を受診する必要性があるのか?救急車を呼んでいいのか?についての判断を支援する「全国版救急受診アプリ(愛称Q助)」があります。

休日や夜間に急な病気や怪我が起き、どうしたらいいのか判断に迷った時は、これらの相談窓口やアプリを活用してはいかがでしょうか。

Q助パンフレット

QRコード

こんなときはすぐに救急車を!!

こんなときはすぐに119番(PDF:1MB)

救急受診ガイド(総務省消防庁リンク)

お問い合わせ先
消防局 東消防署
〒520-2141 大津市大江四丁目18-1
電話番号:077-543-0119
ファックス番号:077-543-2122
メールを送る

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

医療機関,受診,病気,けが

ページトップへ