道路の除雪と凍結防止剤のお願いと注意

更新日:2018年12月01日

本市では、毎年12月から3月にかけ、冬季の路面凍結に備えて市道の坂道や橋梁部などの凍結しやすい箇所について、除雪及び凍結防止剤(塩化ナトリウム)の設置・散布をおこなっています。

主要市道の一部については、市が業者に依頼して除雪及び凍結防止剤の散布を行っていますが、全ての道路に実施することは困難です。

そこで、地域の道路については、地域の皆さんや道路使用者に除雪及び凍結防止剤の散布をお願いしています。

お願いとご注意点

  • 行政でできる作業には限界があります。生活道路や歩道などの除雪や凍結防止剤の散布は、地域の皆さんでお願いします。
  • 除雪機械が通った後、住宅の出入り口に雪が残ることがありますが、各家庭で除雪をお願いします。
  • 路上駐車など、作業の支障となる行為はおやめください。
  • 冬用タイヤへの履き替え、タイヤチェーンの準備は早めにしましょう。

凍結防止剤(塩化ナトリウム)の散布方法

  • 市道の坂道・交差点・歩道・日陰など、凍結しやすい場所に散布をお願いします。
  • 除雪後や氷が薄い状態での散布が効果的です。
  • ムラなく均一に散布してください。ただし、坂道については、上のほうに多めに散布すると、溶け出した液が下に流れて効果的です。
  • 一度にたくさん散布するよりも、少量を二度撒きするほうが効果的です。(数時間後に路面状況をみながら散布するなど。)
  • 転倒や通行車両等に注意して作業をしてください。
  • 散布する凍結防止剤(塩化ナトリウム)は、道路脇などに設置しているものを随時ご使用ください。追加で必要な場合は、大津市役所 道路・河川管理課(電話528-2782)までご連絡ください。

注意事項

  • 凍結防止剤(塩化ナトリウム)散布の際は、皮膚に触れないようにゴム手袋などを使用してください。万一皮膚に付着した場合には、よく水で洗い流してください。
  • 凍結防止剤(塩化ナトリウム)が目に入らないように、保護眼鏡等を着用するなどして、充分注意してください。万一目に入った場合には、よく水で洗い流して、専門医の診察を受けてください。
  • 凍結防止剤(塩化ナトリウム)が金属類にかかった場合、付着すると錆を誘発する可能性がありますので、できるだけ速やかに水で洗浄してください。
  • 確実に積雪が見込まれる時以外は、凍結防止剤(塩化ナトリウム)の散布を控えてください。
  • コンクリート製の溝や蓋、縁石などへの散布は、劣化を招きますのでご注意ください。
  • 植物にかかると枯れる恐れがありますので、飛散しないように充分配慮してください。

この記事に関する
お問い合わせ先

未来まちづくり部 道路・河川管理課
〒520-8575 市役所本館4階
電話番号:077-528-2782
ファックス番号:077-521-0427

道路・河川管理課にメールを送る