【廃棄物減量推進課】3010(さんまるいちまる)運動で、食品ロス削減!

更新日:2018年08月27日

3010運動チラシ

自治連合会をはじめとする市民団体や市内の事業所等で構成される 「ごみ減量と資源再利用推進会議」と大津市では、食品ロス削減に向けた取り組みとして「3010(さんまるいちまる)運動」を進めています。

この運動は、宴席の場において、乾杯後の30分は自席で食事を楽しみ、お開きの10分前には自席に戻って食事を食べ切ることを推奨するもので、宴席における食べ残し(=食品ロス)を削減するというものです。

農林水産省の調査によると、宴会での食べ残し量の割合は14.2%であり、食堂・レストランの3.6%、結婚披露宴の12.2%を上回っています。

「食べ残しはもったいない」ということは当然として、市内の飲食店から出る生ごみは、事業系一般廃棄物として大津市のごみ焼却施設に持ち込まれるため、食品ロス削減はごみ処理費用の節約に大きく寄与し、市民サービスの向上につながります。

食事も会話も十分に楽しんで、食べ残しなく「ごちそうさま」。
大津における大人の新しいたしなみに、ぜひ、ご協力ください。
 

食べ残し量グラフ

食品ロスとは?

まだ食べられるのに捨てられる食品のことで、日本から出る量は年間約632万トン。
この量は、飢えに苦しむ人々に向けた世界の食料援助量(年間約320万トン)の約2倍であり、日本国民が毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てている計算になります。

ごはん

宴席を主催する幹事の皆様へ

3010運動のチラシを会場に貼る、または各席に配る、または三角柱POPを卓上に置くなどしてください。実践された宴席の参加者からは「お酒を注ぎに行く時間と食べる時間がはっきりしてよい」「以前からもったいないと思っていた」「今まで完食できなかったのでありがたい」と喜びの声をいただいています。

事業者の皆様へ

3010運動は、料理の食べ残しを減らすことで、店舗等のごみ処理費用の節約にもつながります。お客様がご協力いただきやすいようチラシや卓上三角柱POPをご活用ください。使用許可の申請等は特に必要ありません。

3010運動協力店募集

3010運動に賛同し、ご協力いただける事業所を募集します。チラシやPOPなどを活用している事例をお寄せください。当ホームページをはじめとする広報媒体で紹介させていただきます。詳しくは廃棄物減量推進課までお問い合わせください。

3010運動ポケットティッシュ

お店で提供いただけるポケットティッシュを配布しています

現在、3010運動にご協力いただける飲食店用のポケットティッシュを無料で配布しています。

お店の入口やトイレ、宴会場など、お客様が手に取れる場所に置くなどして運動のPRをお願いします。

  • 配布対象 市内で営業する飲食店や宴会場、宿泊施設など
  • 配布個数 1店舗あたり1回250個まで(残数により複数回提供できます)
  • 配布場所 廃棄物減量推進課(事前にご連絡ください)

この記事に関する
お問い合わせ先

環境部 廃棄物減量推進課
〒520-8575 市役所新館3階
電話番号:077-528-2802
ファックス番号:077-523-2423

廃棄物減量推進課にメールを送る