【都市再生課】大津湖岸なぎさ公園における民間活力の導入に向けたマーケットサウンディング調査を実施します

更新日:2019年12月05日

大津市では、JR大津駅から琵琶湖に向かう中央大通りや湖を活かしたまちづくりを「ジュネーブ構想」と位置づけ、この構想を実現するため、中央大通りと大津駅前公園の一体的活用、さらには、大津湖岸なぎさ公園の民間活力を活かした取り組みを進めているところです。

中央大通りと大津駅前公園については活用事業者が決定し、令和2年度にはカフェがオープンする予定をしています。

今後、大津湖岸なぎさ公園での民間活力を活かした取り組みを進めるため、民間事業者の皆さまとの「対話」を通して、市場性や活用のノウハウ・アイディア等を把握することを目的として、「マーケットサウンディング調査」を実施します。

注:マーケットサウンディング調査とは、市有地などの有効活用に向けた検討にあたって、その活用方法について、民間事業者から広く意見、提案を求め、「対話」を通して市場を把握する調査のことです。

調査概要

対象場所

大津湖岸なぎさ公園(市民プラザ、サンシャインビーチ)

対象者

法人又は法人グループ

サウンディング要項

追加資料

質問に対する回答の公表

この記事に関する
お問い合わせ先

未来まちづくり部 都市再生課
〒520-0044 大津市京町一丁目1番46号
電話番号:077-528-2501
ファックス番号:077-527-8758

都市再生課にメールを送る