【福祉政策課】令和3年度慰霊巡拝の案内について

更新日:2021年05月19日

政府主催による慰霊巡拝が行われます。

参加対象は、慰霊巡拝を行う地域で亡くなられた方の遺族(再婚者を除く配偶者、父母、子、兄弟姉妹、孫、甥姪等)で、健康状態が良好な人となります。

詳細につきましては、下部の資料を御確認ください。

なお、締切日につきましては、下部資料に記載の「内申締切日」の2週間前までとなりますので御注意ください。

また、新型コロナウイルス感染症の感染状況や現地の治安状況を踏まえ、実施を見合わせるなどの判断が行われる場合がございますので、予め御承知おきください。

注意事項

  1. 参加する遺族は政府の代表という立場のもとに、実施地域で亡くなられたすべての戦没者に対する慰霊を行うという任務があります。したがって、参加者には全行程参加していただくことになり、自分の肉親の戦没地点の慰霊のみや合同追悼式のみの参加は認められません。
  2. 参加する遺族は政府派遣団の一員として団体行動が基本原則となり、個人行動は制約されます。
  3. 航空機や現地の事情等により巡拝予定地および日程が変更されることがあります。
  4. 戦没地点が今年度予定する慰霊巡拝にない場合でも、慰霊巡拝で立ち寄れないことを承知された上で最も近い戦域の慰霊巡拝に申し込みされることは問題ありません。ただし申込状況によってはお断りする場合があり得ます。
  5. 現地での慰霊はそれぞれの埋葬地や戦没地点で行う個人慰霊と全員で行う追悼式の2回行うことになります。希望する慰霊の場所がある場合は内申書の戦没地点の欄に記入していただけますが、日程や現地事情の制約から必ずしも肉親の戦没地点・埋葬地で慰霊が行えるとは限りません。
  6. 概算所要額は、標準的なモデルルートを元に算出した額であり、目安として示しているものです。募集結果による参加人数、行程、宿泊場所等により概算所要額を上回ることもあります。
  7. 参加予定人員を超える申請があった場合には、遺族として選考条件を満たす者であっても参加をお断りすることがあります。また、参加申込遺族が少数(1地域あたり5名未満)である場合、中止されることがあります。
  8. 巡拝地は一般の観光ルートから離れ、宿泊先や交通機関など、不便な場所があります。

ダウンロード 

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉子ども部 福祉政策課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2740
ファックス番号:077-523-0412

福祉政策課にメールを送る