8月

更新日:2018年08月27日

8月30日(水曜)、公共施設対策特別委員会を開催

平成29年8月30日公共施設対策特別委員会

 8月30日(水曜)、「市民センターの機能等の在り方検討」をテーマに公共施設対策特別委員会を開催しました。
 本市では現在36学区にある各市民センターの機能等の在り方を検討をしています。
 今回の委員会では、これまで執行部で議論されてきた検討方針や再編基準などについて説明を受け、委員間で地域の実情や今後の議論の進め方について意見交換を行いました。
 委員からは、「今後市民センターの在り方の議論を進めていく上で、地域住民に十分に説明をし、再編後の市民センターの在り方やまちづくりについての認識を共有するべき」「将来に負担を残さないためにも、再編はやむを得ないが、市だけで決めるのではなく、市民の意見もしっかり聴取すべき」など、現在の市の在り方検討に対して、改善すべき点や疑問が出されるなど、活発に意見を交換しました。

8月25日(月曜)、第14回政策検討会議((仮称)大津市土地利用基本条例)を開催

平成29年8月25日政策検討会議

 8月25日(金曜)、(仮称)大津市土地利用基本条例の策定に向けた第14回目の政策検討会議を開催しました。
 今回の会議では、先に正副座長において実施した市長との協議の結果並びに正副座長及び各委員において実施した大津市自治連合会、滋賀県建築士会大津地域会、公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会及び大津市農業委員会との意見交換の実施結果などについて、委員間で情報を共有するとともに、その総括などを行いました。
 また、これらの実施結果を受けて、条例に反映すべき要素や、市長との協議において提示した(仮称)大津市土地利用基本条例の方向性に関し、次回の会議で執行部側から意見を聴取することなどについて協議を行いました。

8月24日(木曜)、第3回政策検討会議(若者の議会への関心と投票率向上の仕組みづくり)を開催

平成29年8月24日政策検討会議

 8月24日(木曜)、若者の議会への関心と投票率向上の仕組みづくりを検討する第3回目の政策検討会議を開催しました。
 今回の会議では、選挙管理委員会及び教育委員会の職員と意見交換を行いました。選挙管理委員会とは、これまでの啓発事業に加えて、商業施設における期日前投票所の設置をはじめとする投票環境向上への取り組みを中心に意見交換を行いました。
 また、教育委員会とは、主権者教育を中心に意見交換を行い、これまで取り組んできた「子ども議会」の課題検証を踏まえて、より多くの子どもが参画し、学べる新たなプログラムとして、議員も参画する形の体験型の学習(ロールプレイ)について、活発な意見交換を行いました。
 次回の会議は、これまでの大学生や執行機関との意見交換を踏まえて、さらに議論を進めていきます。

8月10日(木曜)、生活産業常任委員会を開催

平成29年8月10日生活産業常任委員会

 8月10日(木曜)、「大津びわこ競輪場跡地公募提案型貸付事業優先交渉事業者の決定」を議題として、生活産業常任委員会を開催しました。
 大津市では、平成22年度末の競輪事業の廃止以降、当該跡地を都市計画決定された「近江神宮外苑公園」の整備計画がありますが、競輪場施設が当時の状態で残っているため、建物の解体・撤去に多額の経費を要するなど、多くの課題が山積していました。
 そして、このたび当該地の利活用を図る優先交渉事業者が決定したことを受けて、決定までの報告や今後の事業の進め方について、委員会に報告がありました。
 委員からは、事業を進めていく上での地域住民の要望への対応や、近年、自然災害が増加していることを受けて、防災機能の整備についての質問などが出ました。

8月9日(水曜)、議員研修会「監査制度改革下における議会と監査のあり方」を開催しました

平成29年8月9日議員研修会

 8月9日(水曜)、議場で議員研修会「監査制度改革下における議会と監査のあり方」を開催しました。
 本年6月2日、地方自治法等の一部を改正する法律が成立し、監査委員による監査基準の設定や議会選出の監査委員の義務付けの緩和をはじめ、監査制度の大きな見直しが実施されたことを踏まえ、監視機能を大きな役割の1つとする議会においては、このたびの法律改正は、非常に大きな意味あいをもつことから、議会としてしっかりと議論ができるよう、知見を深めることが必要だと考え、議員研修会を開催しました。

平成29年8月9日議員研修会(前方)

 研修会では、同志社大学大学院総合政策科学研究科の新川達郎教授から、法改正の趣旨から監査制度のあり方、議会の監視機関としての役割などについて説明を受けました。自治体の意志決定を担う議会としては、その責任を自覚し、その権能を最大限に発揮するための基礎として、議会と監査の本来的な関係性について、改めて見つめる機会となり、今後の活動に大変参考となりました。
 市議会では、これからも議員の資質向上と議会の機能強化を目的に議員研修会を積極的に開催し、二元代表制の一翼を担う議会としての責任を果たしていきます。

8月9日(水曜)、公共施設対策・防災対策特別委員会連合審査会を開催しました

公共施設対策・防災対策特別委員会連合審査会

 8月9日(水曜)、公共施設対策・防災対策特別委員会の連合審査会を開催しました。
 本市では現在、36学区にある各市民センターの機能等の在り方検討を行っており、今後、支所業務の見直しや、市民センターの再編(案)が示されていく上で、市民センターの在り方検討の全体像や防災機能に関して、委員会で共通認識を持つことが必要であるため、連合審査会を開催しました。
 審査会では、市民部自治協働課からは「市民センター再編に伴う防災機能等の在り方」について、総務部危機・防災対策課からは「市民センター再編における地域防災機能」について、これまでの検討内容や議論の進捗状況、今後の取り組みについて説明がありました。
 委員からは、「地域によって想定される災害の状況は異なってくるため、市民センターの防災機能における課題の中で地域ごとに災害発生時の対応を検討するべき」「再編後の市民センターに新たに配置される職員の役割が未だ決まっていない中で、市民センターにおける防災機能の維持について検討はどうするのか」など、多くの意見や質問が出ました。

この記事に関する
お問い合わせ先

議会局 議事調査課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2640
ファックス番号:077-521-0409

議会局 議事調査課にメールを送る