新型コロナウイルス感染症の発生に関する情報

更新日:2020年02月26日

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症が、中国だけでなく日本やアジア各地、欧米など世界各地で確認されています。

 市民の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

次のア.イ.ウ.エまたはオに該当する方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

ア.発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状のある方で2週間以内に湖北省または浙江省を訪問した。

イ.発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状のある方で2週間以内に「湖北省または浙江省への渡航歴がある人」との濃厚接触がある。

ウ.発熱(37.5度以上)または呼吸器症状のある方新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触歴がある。

エ.風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・高齢者や基礎疾患のある方は、上の状態が2日程度続く場合

オ.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

センターで相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

イベントの開催に関する市民の皆様へのメッセージ

 新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐためには、今が重要な時期であり、市民や事業主の皆様方のご協力をお願いいたします。

 最新の感染の発生状況を踏まえると、例えば屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。

 イベント等の主催者においては、感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況等を踏まえ、開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で本市として一律の自粛要請を行うものではありません。

 また、開催にあたっては、感染機会を減らすための工夫を講じてください。例えば、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加をしないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策の準備をしてください。

 市民の皆様においては、風邪のような症状がある場合は、学校や仕事を休み、外出を控えるとともに、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動にご協力をお願いします。特に高齢の方や基礎疾患をお持ちの方については、人込みの多いところはできれば避けていただくなど、感染予防に御注意いただくよう、お願いいたします。

 そのためには、学校や企業、社会全体における理解に加え、生徒や従業員の方々が休みやすい環境整備が大切であり、テレワークや時差通勤も有効な手段であります。関係の皆様のご協力をお願いいたします。

 なお、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや重症度を見ながら適宜見直すこととしています。

 (厚生労働省メッセージ引用)

予防対策について

 市民の皆様におかれましては、過剰に心配することなく、季節用インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染対策に努めていただくようお願いします。

 感染予防の基本は、十分な手洗いであり、特に外から帰った後、調理前、ご飯を食べる前等の手洗いが大切です。また可能な限り十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、体調を管理し、健康な状態を維持していくこともご配慮いただければと考えます。

 また、消毒には、アルコールが有効です。これらの対策は今般の新型コロナウイルス感染症だけでなく、インフルエンザや感染性胃腸炎等の予防にも繋がります。

 咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、周りの方への感染予防にご配慮いただきますようお願いします。

新型コロナウイルス感染症に備えて
感染症対策へのご協力をお願いします(首相官邸・厚生労働省作成)
新型コロナウイルスを防ぐには

国内の発生状況

 2月25日現在、日本国内で確認されている患者(チャーター便及びクルーズ船を除く)は128名、無症状病原体保有者が12名です。水際対策で確認された患者(武漢市からのチャーター便帰国者)は11名、無症状病原体保有者が4名です。詳しくは関連リンクの厚生労働省ホームページをご参照ください。

(*)無症状病原体保有者とは、症状がないが、新型コロナウイルスが検出されたもの。

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針(国)

 政府は新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、新型コロナウイルス感染症感染症の流行を早期に終息させるために極めて重要な時期であることを踏まえ、国や地方自治体、医療関係者、事業者、そして国民が一丸となって、新型コロナウイルス感染症対策を更に進めていくため、基本方針を取りまとめました。
 

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」を下船された方の健康フォローアップについて(滋賀県)

 2月23日、厚生労働省から滋賀県あてに、横浜港で検疫中のクルーズ船から2月20日に下船された県民の方について、健康フォローアップの依頼がありましたので、お知らせします。

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

一般の方

医療機関・検査機関の方

企業(労務)の方

労働者の方

関連業種の方

相談窓口(コールセンター)

大津市

問い合わせ先
一般電話相談(保健予防課) 帰国者・接触者相談センター
連絡先:077-522-7228
平日
8時40分~17時25分

連絡先:077-526-5411
受付時間:平日 8時40分~20時

連絡先:080-2409-1856
受付時間:平日夜間 (20時~翌朝8時40分) 土日、祝日 24時間

右に該当する方以外のお問い合わせ。

例) 感染症予防対策、感染症に関する質問 等

 

ア.発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状のある方で2週間以内に湖北省または浙江省を訪問した。

イ.発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状のある方で2週間以内に「湖北省または浙江省への渡航歴がある人」との濃厚接触がある。

ウ.発熱(37.5度以上)または呼吸器症状のある方新型コロナウイルス感染症患者との濃厚接触歴がある。

エ.風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・高齢者や基礎疾患のある方は、上の状態が2日程度続く場合

オ.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

 聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい場合はファックスおよびメールでのお問い合わせをお願いします。なお、時間帯によっては回答が次の日になることもありますので、ご了承のほどお願いします。

ファックス番号:077-525-6161 メールアドレス:otsu1443@city.otsu.lg.jp

県内(大津市以外)

 大津市以外の県内問い合わせ先になります。お住いの最寄りの保健所にお問い合わせください。

 

問い合わせ先
  一般電話相談 帰国者・接触者相談センター
連絡先 受付時間 連絡先 受付時間
滋賀県健康医療福祉部
薬務感染症対策課
077-528-3632 平日
8時30分~17時15分
080-2470-8042

平日、土曜、

日曜、祝日

24時間

草津保健所 077-562-3526 080-2522-3054 平日
8時30分~17時15分
甲賀保健所 0748-63-6148 080-8527-5165
東近江保健所 0748-22-1300 080-8318-0938
彦根保健所 0749-21-0283 080-2470-8465
長浜保健所 0749-65-6660 080-2525-6322
高島保健所 0740-22-2526 080-2522-7183

 

厚生労働省

現在、厚生労働省に電話相談窓口が設置されています。

【厚生労働省 電話相談窓口】

 0120-565-653(フリーダイヤル)

【受付時間】

 9時から21時まで(土曜、日曜、祝日も対応)

【ファックス番号】

 03-3595-2756

医療機関向け情報

 新型コロナウイルス感染症に対する診療場面での対応フローを作成しました。今後、最新の情報をもとに変更されることがありますので、適宜ご確認ください。

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 保健予防課
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
電話番号:077-522-7228
ファックス番号:077-525-6161

保健予防課にメールを送る