【令和元年11月1日~】交通戦略室:大津市内および比叡山において「MaaS実証実験」を令和元年11月より実施します

更新日:2019年10月01日

大津市(市長:越 直美)、京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:石丸 昌宏)と京阪バス株式会社(本社:京都市南区、社長:鈴木 一也)、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:平岡 昭良)は、大津市内および比叡山においてMaaS(Mobility as a Service)実証実験を2019年11月1日(金曜)から実施します。

本実験では、観光MaaSアプリ「ことことなび」にて、大津市内および比叡山の観光地にスムーズにアクセス可能な1日乗車券を発売。併せて、観光案内やルート検索機能、乗車券エリア内の観光施設などで利用できるクーポンを提供します。

今回の実証実験は、地域事業者の協力を得ながら、行政および交通事業者が一体となって観光、飲食など地域内の様々なサービスと交通サービスを包括的に提供するMaaSの実証実験であり、地域内移動の利便性向上、誘客・周遊の促進への寄与を検証することで、大津エリアおよび比叡山エリアのさらなる活性化施策の立案に役立ててまいります。

詳細は別紙をご覧ください。

注:本実証実験は、経済産業省・国土交通省による新しいモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化に挑戦する地域や企業を応援するプロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」の支援事業として選定されております。

ことことなび ロゴマーク

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

未来まちづくり部 交通戦略室
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2736
ファックス番号:077-527-1028

交通戦略室にメールを送る