【令和元年12月18日開催】未来のおおつを考える「立地適正化計画基礎調査結果報告会」を開催します

更新日:2019年11月19日

本市が進めている30年後を見据えた取り組みをご紹介します。

市では、誰もが安全・安心・快適に住み続けられるコンパクトなまちづくりを進めるため、立地適正化計画の策定に取り組んでいます。

30年後のまちの姿を見据えて策定するこの計画について、これまでに分析を行った基礎的データ(人口の動向など)の報告をするほか、京都府立大学副学長宗田好史氏による講演、地域課題に取り組んでおられる団体(日吉台学区空き家対策委員会、晴嵐台公共交通協議会)による事例報告を予定しています。

日時

  1. 令和元年11月15日(金曜)18時30分から20時30分【終了しました】
    令和元年12月18日(水曜)18時30分から20時30分

注:内容はどちらも同じです。ご都合に合わせてご参加ください。

場所

  1. 大津市役所別館1階大会議室(大津市御陵町3-1)【終了しました】
  2. 大津市北部地域文化センター 文化ホール(大津市堅田二丁目1-11)

内容

【第1部】講演

どんなまちなら住み続けたいですか

講師

京都府立大学副学長 宗田好史氏

講師_宗田好史氏
講師プロフィール

宗田 好史(むねた よしふみ)

京都府立大学副学長、和食文化研究センター長、大学院生命環境科学研究科教授(環境デザイン学科教授)文学部教授(併任)。大津市総合計画等策定懇談会委員や大津市都市計画マスタープラン案策定専門部会部会長として現在の本市まちづくりの方針決定に携わり、平成30年より大津市都市計画審議会会長に就任。

 

【第2部】報告

大津市未来まちづくり部まちづくり計画課より、これまで分析を行った大津市の基礎的データ(人口の動向など)の報告。取組状況などについて、詳しくは下記をご覧ください。
立地適正化計画の策定に向けた取組について

【第3部】事例報告

日吉台学区における空き家対策取組みについて

日吉台学区空き家対策委員会

まちづくりの一環として、空き家を負の対象でなく資産として考え、住民自身が出来ることを一歩づつ進めておられる活動をご報告いただきます。

晴嵐台デマンド型乗合タクシーの取組みについて

晴嵐台公共交通協議会

高齢者等の移動手段を確保するため、自治会員同士が互いに助け合いながら取組んでおられる活動をご報告いただきます。

定員

150名

費用

無料

申込

不要

その他

できるだけ公共交通でご来場ください。

この記事に関する
お問い合わせ先

未来まちづくり部 まちづくり計画課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2770
ファックス番号:077-527-1028

まちづくり計画課にメールを送る