新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に注意しましょう!

更新日:2022年11月10日

新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に注意!

新型コロナウイルス感染症は過去2年間、年末年始に流行しています。また、今冬(2022年度)は、新型コロナウイルス感染症と、過去2年間流行が無かった季節性インフルエンザの同時流行が懸念されています。

新型コロナウイルス感染症も季節性インフルエンザも、予防には基本的な感染防止対策(手洗いの徹底、無理のないマスク着用、換気、人ごみを避ける等)を徹底していただくとともに、同時流行に備え、早めのワクチン接種をご検討ください。

また、同時流行した場合に、発熱外来がひっ迫する可能性があります。発熱などの体調不良時に備えて、新型コロナウイルス抗原定性検査キットや解熱鎮痛薬を購入しておくことをおすすめします。あわせて、受診・相談センターなど、医療に関する電話相談窓口などの連絡先を確認しておきましょう。

季節性インフルエンザについて

インフルエンザは非常に感染力が強く、流行が始まると短期間に多くの人へ感染が広がります。

今冬のインフルエンザについては、新型コロナウイルス感染症との同時流行が懸念されており、日本感染症学会からは積極的なインフルエンザワクチンの接種が推奨されています。

インフルエンザワクチンの接種は、インフルエンザの発症するリスクを減らし、発症したとしても重症化を防ぐことができます。
予防接種後、免疫がつくまでに2週間程度かかり、免疫効果は約5か月間続きますので、流行が始まる前に接種を受けると効果的です。

  • 予防接種を受ける場合には、かかりつけ医とご相談ください。
  • インフルエンザワクチンと新型コロナウイルスワクチンは、同時接種が可能ですが、医療機関によって対応が異なります。

インフルエンザ予防接種の費用助成について(高齢者向け)

大津市では高齢者インフルエンザ予防接種について費用を一部助成しています。詳しくは下記リンクをご覧ください。

マスクの着用について

場面に応じた適切な着脱をお願いします

マスクは、必要なタイミングで、正しく着用し、正しく外すことで、感染予防の効果を高めます。マスクの着用時には、以下のポイントを押さえましょう。

  1. マスクを着用するときには、鼻にすき間をつくらずフィットさせ、しっかりと着用してください。
  2. マスクを着けたら外側を触らず、着脱時はひもを持ちましょう。
  3. 不織布(ふしょくふ)マスクを着用しましょう。布製やウレタン製よりも、飛沫を防ぐ効果が高いことが科学的に示されています。

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 保健予防課 感染症対策第1係、2係
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
電話番号:077-522-7228(感染症対策第1係)
​​​​​​​電話番号:077-526-6306(感染症対策第2係)
ファックス番号:077-525-6161

保健予防課にメールを送る