熱(ねつ)などの症状(しょうじょう)が出(で)たら

更新日:2021年02月26日

病院(びょういん)へ行(い)く前(まえ)に、まずは電話(でんわ)で相談(そうだん)をしましょう

熱(ねつ)などの症状(しょうじょう)があり、お医者(いしゃ)さんにみてもらいたいときは、まずは家(いえ)の近(ちか)くのお医者(いしゃ)さんに電話(でんわ)で相談(そうだん)してください。

「医療(いりょう)ネット(ねっと)滋賀(しが)」では、外国語(がいこくご)を話(はな)すことができるお医者(いしゃ)さんをさがすことができます。

電話(でんわ)をするときは次(つぎ)のことを伝(つた)えましょう

  • どんな症状(しょうじょう)があるか(熱(ねつ)・せき・のどの痛(いた)み・だるい・味(あじ)やにおいがしない。)
  • どのぐらい熱(ねつ)があるか
  • いつから具合(ぐあい)が悪(わる)いか
  • 今(いま)までなんの病気(びょうき)をしたか

お医者(いしゃ)さんに行(い)くときに気(き)をつけること

  • 電話(でんわ)で相談(そうだん)してから、お医者(いしゃ)さんの言(い)うことを守(まも)ってお医者(いしゃ)さんに行(い)きましょう。
  • お医者(いしゃ)さんに行(い)くときは、マスク(ますく)をして、手(て)の消毒(しょうどく)を必(かなら)ずしてください。

インフルエンザ(いんふるえんざ)やコロナウイルス(ころなういるす)の検査(けんさ)は、お医者(いしゃ)さんが必要(ひつよう)と決(き)めたときにします。

家(いえ)の近(ちか)くのお医者(いしゃ)さんがわからないときは、「受診(じゅしん)・相談(そうだん)センター(せんたー)」で相談(そうだん)してください

夜(よる)やお休(やす)みの日(ひ)、家(いえ)の近(ちか)くのお医者(いしゃ)さんがわからないとき、新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)にかかった人(ひと)と会(あ)ったときは、「受診(じゅしん)・相談(そうだん)センター(せんたー)」に相談(そうだん)してください。お医者(いしゃ)さんを紹介(しょうかい)します。 

注意(ちゅうい) 救急病院(きゅうきゅう びょういん)、休日急病診療所(きゅうじつ きゅうびょう しんりょうしょ)では、原則(げんそく)新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の検査(けんさ)はできません。

相談(そうだん)するところ

相談(そうだん)するところ
受診・相談センター
(じゅしん そうだん せんたー)
一般電話相談
(いっぱん でんわ そうだん)
毎日(まいにち) 24時間(じかん)
電話(でんわ)077-526-5411
月曜(げつよう)~金曜(きんよう) 9時(じ)から17時(じ)まで
電話(でんわ)077-522-7228
  • お医者(いしゃ)さんがわからないとき
  • 新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)にかかった人(ひと)と会(あ)ったとき
  • 左(ひだり)に書(か)いている以外(いがい)のこと
  • 新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)についての質問(しつもん)など

日本語(にほんご)がわからない人(ひと)

受診(じゅしん)・相談センター(そうだん せんたー)に電話(でんわ)したいけど、日本語(にほんご)がわからない人(ひと)は、厚生労働省(こうせい ろうどう しょう((国(くに)の政府(せいふ))の通訳サービス(つうやく さーびす)を使(つか)うことができます。

利用(りよう)できる人(ひと)
新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)感染症(かんせんしょう)についての相談(そうだん)をしたい外国人(がいこくじん)とその人(ひと)の家族(かぞく)

外国語(がいこくご)

英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国語(かんこくご)、スペイン語(すぺいんご)、ポルトガル語(ぽるとがるご)

利用(りよう)できる日(ひ)

2021年(ねん)3月(がつ)31日(にち)まで。24時間(じかん)利用(りよう)できます。

料金(りょうきん)

電話(でんわ)をするときにかかる通話料(つうわりょう)を払(はら)います。

どうやって利用(りよう)するか

  1. 通訳(つうやく)サービス(さーびす)に電話(でんわ)をかけてください。
    電話(でんわ):03-6436-4818
     
  2. オペレーター(おぺれーたー)が日本語(にほんご)で話(はなし)をするので、あなたがわかる外国語(がいこくご)の番号(ばんごう)をおしてください。
    1番(ばん):英語(えいご)
    2番(ばん):中国語(ちゅうごくご)

    3番(ばん):韓国語(かんこくご)
    4番(ばん):ポルトガル語(ぽるとがるご)

    5番(ばん):スペイン語(すぺいんご)
     
  3. 通訳(つうやく)の人(ひと)が電話(でんわ)に出(で)るので、話(はなし)をしてください。

症状(しょうじょう)がひどくなる危険(きけん)が高(たか)い人(ひと)

つぎの人(ひと)は、症状(しょうじょう)がひどくなる危険(きけん)が高(たか)い人(ひと)です。早(はや)くお医者(いしゃ)さんか、受診(じゅしん)・相談(そうだん)センター(せんたー)に相談(そうだん)してください。

  • 息(いき)が苦(くる)しい、すごくだるい、熱(ねつ)が高(たか)いなど、強(つよ)い症状(しょうじょう)がある人(ひと)
     
  • 症状(しょうじょう)がひどくなりやすい人(ひと)(おじいさん・おばあさん、糖尿病(とうにょうびょう)の人(ひと)、心臓(しんぞう)に病気(びょうき)がある人(ひと)、肺(はい)に病気(びょうき)がある人(ひと)、透析(とうせき)を受(う)けている人(ひと)、がんの薬(くすり)を飲(の)んでいる人(ひと)など)で、熱(ねつ)やせきなどの症状(しょうじょう)がある人(ひと)。
     
  • 熱(ねつ)やせきなど軽(かる)いかぜの症状(しょうじょう)が続(つづ)いている人(ひと)(4日(か)より長(なが)く症状(しょうじょう)が続(つづ)くときは、必(かなら)ず相談(そうだん)してください。熱(ねつ)を下(さ)げる薬(くすり)を飲(の)み続(つづ)けている人(ひと)も同(おな)じです。)

おなかに赤(あか)ちゃんがいる人(ひと)

おなかに赤(あか)ちゃんがいる人(ひと)は、早(はや)めに家(いえ)の近(ちか)くのお医者(いしゃ)さんか、受診(じゅしん)・相談(そうだん)センター(せんたー)に相談(そうだん)してください。

小(ちい)さい子(こ)ども

小(ちい)さい子(こ)どもの具合(ぐあい)が悪(わる)いときは、家(いえ)の近(ちか)くの小児科(しょうにか)のお医者(いしゃ)さんに電話(でんわ)で相談(そうだん)してください。

大津市(おおつし)以外(いがい)の滋賀県(しがけん)の市(し)・町(まち)に住(す)んでいる人(ひと)

下(した)の問(と)い合(あ)わせ先(さき)に相談(そうだん)してください。

問(と)い合(あ)わせ先(さき)
受診・相談センター
(じゅしん そうだん せんたー)
一般電話相談
(いっぱん でんわ そうだん)
毎日(まいにち) 24時間(じかん) 毎日(まいにち)  8時(じ)30分(ぷん)から 17時(じ)15分(ふん)まで
電話(でんわ) 077-528-3621
ファックス(ふぁっくす) 077-528-4865
Eメール
s-support@office.email.ne.jp
電話(でんわ)077-528-3637
ファックス(ふぁっくす)077-528-4865
Eメール
corona-soudan@pref.shiga.lg.jp

この記事に関する
お問い合わせ先

産業観光部 MICE推進室
〒520-8575 市役所別館3階
電話番号:077-528-2864

MICE推進室にメールを送る