大津市食品衛生法施行条例が改正されました

更新日:2020年06月17日

大津市では、食品等事業者が公衆衛生上構ずべき措置の基準(管理運営基準)を、大津市食品衛生法施行条例により定めていました。

このたび食品衛生法の一部が改正され、国により公衆衛生上必要な措置の基準が定められました。これにより、原則として全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理を実施するよう求められることになりました。

改正の趣旨

国により公衆衛生上必要な措置の基準が定められたことから、これまで大津市食品衛生法施行条例で定めていた該当部分を削除しました。

改正の概要

  1. 条例に定める「公衆衛生上の措置の基準」を削除
    原則として全ての食品等事業者は、公衆衛生上必要な措置の基準に基づく衛生管理(HACCPに沿った衛生管理)を実施するよう求められます。
     
  2. 条例名の変更
    条例から「公衆衛生上の措置の基準」が削除されたことに伴い、条例名を次のとおり変更しました。

    変更前:大津市食品衛生法施行条例
    変更後:大津市食品衛生検査施設の設備及び職員の配置に関する基準を定める条例

施行期日

令和2年6月1日

ただし、1年間の経過措置期間が設けられていることから、令和3年5月31日までの間は、削除前の「公衆衛生上の措置の基準」が効力を有します。
令和3年5月31日までの期間に、HACCPに沿った衛生管理の導入準備をしてください。

関連リンク

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 衛生課 食品指導係
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
電話番号:077-522-8427
ファックス番号:077-525-6161

衛生課 食品指導係にメールを送る