ノロウイルス食中毒に御注意ください

更新日:2018年08月27日

ノロウイルス食中毒予防について

感染性胃腸炎患者の報告数が、直近5年間で最も流行した平成24年のピーク時に迫る水準となっています。

ノロウイルスの食中毒予防の観点から、手洗いの徹底、嘔吐物の適切な処理等、より一層食中毒予防に努めてください。

消費者のみなさまへ

食品事業者のみなさまへ

現在、流行が確認されているノロウイルスは、G2.2の変異株であることが判明しています。

ノロウイルスG2.2 変異株については、現在市中で使用されているノロウイルス迅速診断検査キット(イムノクロマト法を用いたキット)では、他の株より更に感度が低い可能性があることが、国立感染症研究所より指摘されています。ノロウイルスによる感染の疑いがある場合は、検査結果に関わらず感染防止対策等に努めてください。

ノロウイルスに関するQ&A

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 衛生課
食品指導係・食の安全推進係
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
電話番号
077-522-8427(食品指導係)
077-511-9203(食の安全推進係)
ファックス番号:077-525-6161

衛生課 食品指導係・食の安全推進係にメールを送る