世界禁煙デー及び日本の禁煙週間について

更新日:2019年05月07日

世界保健機関(WHO)は、禁煙を推進するため、毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定め、日本においても厚生労働省が毎年5月31日~6月6日を「禁煙週間」として、喫煙しないことが一般的な社会習慣となることを目指した取り組みを行っています。

日本の禁煙週間のテーマ

令和2年(2020年)受動喫煙のない社会を目指して たばこの煙から子ども達をまもろう

たばこの煙には、ニコチンやタール、一酸化炭素など250種類以上の有害物質が含まれています。これらの物質が体内に入るとがんをはじめ、心臓病、糖尿病などさまざまな病気の原因になり、健康に大きな影響を与えます。

また、たばこは喫煙者だけではなく周りの人も受動喫煙にさらされると、呼吸機能が低下したり、肺がんや心筋梗塞など健康への悪影響を及ぼす危険があります。

皆様もこの機会に合わせて、喫煙と健康について考えてみませんか。

ダウンロード

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 健康推進課
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1-1 明日都浜大津2階
電話番号:077-528-2748
ファックス番号:077-523-1110

健康推進課にメールを送る