企業局×SDGs【マイボトル制作】琵琶湖をはじめとする自然環境の保全

企業局が取り組むSDGs

使い捨てというスタイルが広がった今、簡単に物を買い、捨てる時代になってしまいました。
その結果、物を大切にする価値観が薄れて、ゴミが増え続けています。
そこで、想い入れのある物は捨てられないのではと思い、マイボトルを手作りする活動を市内の保育園及び幼稚園へ推奨しています。

 

循環図また、使い捨て容器のプラスチックゴミは琵琶湖や海にたどりつき、水を汚すこともあります。
そのゴミはマイクロプラスチックになり、魚が誤飲し、やがて人間が食べることが問題視されていることから、家で作った飲料水をマイボトルに入れ、持ち歩くことでゴミを減らすライフスタイルも推奨しています。

物を大切にする気持ちは、ごみを減らし、琵琶湖の保全につながります。将来、子どもたちにとって住みやすい水環境を残す第一歩として、企業局が取り組むSDGsです。

 

エコといわれると、節約などを思い浮かべることが多いです。
しかし、自分の生活に制限をかけて我慢することは、心豊かな暮らし方ではありません。
地球環境制約を踏まえたうえで、「わくわく楽しく暮らす」取り組みで、地球のためになることを始めてみませんか。

瀬田東幼稚園でのマイボトル制作

瀬田東幼稚園で、園児たちが「ありがとう」の気持ちを絵にしたマイボトルを制作しました。
「いつもご飯を作ってくれてありがとう!」
「いつも送り迎えしてくれてありがとう!」

マイボトル制作01 マイボトル制作02 マイボトル制作03 

マイボトル制作04 マイボトル制作05

たくさんの「ありがとう」がつまったマイボトルを家族へプレゼントしました。
気持ちのこもったマイボトルを長く大切に使ってくださいね♪

大石幼稚園でのマイボトル制作

大石幼稚園の授業参観&夏祭りで、3歳児、4歳児、5歳児の全員がマイボトルを制作しました♪
3歳児はシール貼り、4歳児は顔の絵、5歳児は自由に絵を描いています。

マイボトル制作の様子 マイボトル制作の様子 マイボトル制作の様子

マイボトル制作の様子 マイボトル制作の様子 マイボトル制作の様子

南郷中学校区(大石・南郷)の子どもの育ちを考える3つの当たり前

「ひと」「もの」「じかん」をたいせつに

このスローガンを基にマイボトルを大切に使うことでプラスチックゴミが減り、琵琶湖の保全にもつながります。

~琵琶湖にうるおい、心にうるおい、暮らしにうるおい~
大津市企業局はいつも安心できれいな水をお届けしています

お問い合わせ先

企業局 経営戦略室
〒520-8575 市役所新館5階
電話番号:077-528-2863
ファックス番号:077-523-3399

経営戦略室にメールを送る