水道管や給湯器の凍結に注意しましょう!

水道管や給湯器の凍結に注意しましょう

気温が氷点下1~2度になると、水道管や給湯器などが凍結したり、破裂したりする恐れがあります。ご注意ください。

凍って水が出ないとき

凍って水がでないとき
  1. 蛇口を開放状態にします。
  2. 凍った部分にタオルをかぶせ、上からぬるま湯をゆっくりかけます。
    急に熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂する恐れがありますので、注意してください。

給湯器の凍結防止方法

給湯器の凍結を防止
  1. 「電源プラグ」を抜かないでください。
  2. 給湯器の運転スイッチを「切」にし、お湯の蛇口を開けて、糸を引く程度の水を出します。

(注意)ブレーカー等で電気を止めた場合は、給湯器の水抜きが必要です。詳しくは、給湯器の取扱説明書をご確認ください。 

管が破裂したとき

管が破裂したとき
  1. まず水を止めます。
    水道メーターボックス内にある止水栓か、メーターボックス付近にある宅内バルブで水を止めます。
  2. 大津市指定給水装置工事業者に連絡してください。(修繕費用は、お客さま負担です)

水道管の凍結防止方法

水道管の凍結防止

凍結する場所は、主に屋外に露出している水道管や蛇口です。
そこに布やフェルト(保温材料)を巻きつけ、ぬれないようにビニールテープでしっかりと巻きます。

  • 宅内バルブとは
    水道メーターから約30センチメートル家屋寄りの丸いボックスの中にあります
  • 指定給水装置工事事業者は次のリンクをご覧ください。

宅内バルブの位置

関連リンク

お問い合わせ先

企業局 保安センター
〒520-8575 市役所新館4階
電話番号:077-528-2607
ファックス番号:077-522-7809