未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金について

更新日:2019年11月01日

婚姻歴のない児童扶養手当受給者に対して給付金が支給されます。支給を受けるためには申請が必要です。詳しくは下記をご覧ください。

対象者

以下の全ての要件を満たす方が給付金の対象者となります。

  • 令和元年11月分の児童扶養手当の支給を受ける方
  • 基準日(令和元年10月31日)までに一度も婚姻(法律婚)をしたことがない方
  • 基準日において、事実婚をしていない方、または事実婚の相手方の生死が明らかでない方

なお、支給対象者が基準日の翌日以後に亡くなられた場合は、その方の児童扶養手当の対象となっているお子様に給付金を支給します。

支給金額

17,500円
支給対象児童数に関わらず、上記の金額で1回限りの支給です。

支給時期

令和2年1月10日(金曜)(児童扶養手当1月定時支払日と同日)
上記支払日に支給できなかった場合は、それ以降随時支給します。

受付期間

令和元年7月1日(月曜)から令和元年11月29日(金曜)まで

申請に必要な書類

  1. 申請書
  2. 戸籍謄本(抄本)

    なお、児童扶養手当受取口座以外を受取口座として指定される場合は、以下の確認書類も追加で必要となります。
     
  3. 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、旅券等)
  4. 指定口座が確認できる書類(金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し)

申請方法

令和元年7月1日(月曜)から令和元年11月29日(金曜)までの間に子ども家庭課の窓口または郵送にて必要書類をご提出ください。窓口での受付時間は平日8時40分から17時25分までとなっております。

児童扶養手当現況届の手続きを行う方は、現況届の手続きと同時に本給付金の申請を行う事が可能です。現況届会場にて申請書を配布いたしますので、必要な方は職員へお申し出ください。

本給付金に関する“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください

  • 都道府県・市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは絶対にありません。
  • ATMを操作することによって、他人からお金が振り込まれることは絶対にありません。
  • 都道府県・市町村や厚生労働省などが、「未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金」を支給するために、手数料の振込みを求めること等は絶対にありません。
  • ご自宅や職場などに都道府県・市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話がかかってきたり、不審な郵便が届いたら、迷わずお住まいの市町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

ダウンロードファイル

この記事に関する
お問い合わせ先

福祉子ども部 子ども家庭課
〒520-8575 市役所新館7階
電話番号:077-528-2804
ファックス番号:077-525-8767

子ども家庭課にメールを送る