防災情報の伝え方が変わりました

更新日:2020年10月07日

5段階の警戒レベルで、避難情報等をお知らせします

平成30年7月豪雨を教訓に、避難情報を直感的に伝えられるよう、5段階の警戒レベルを国が定めました。それに基づき大津市から皆さんに発令する避難情報も、警戒レベルと取るべき行動を合わせた情報を、緊急速報メール(エリアメール)などで発信していきます。

警戒レベル一覧表

台風や大雨などの発生時には、大津市からの情報に注意し、警戒レベルに合わせた身を守る行動をとりましょう。

注意事項

気象情報で「警戒レベル相当情報」が発表されたとしても、必ずしも同じレベルの避難情報が発令されるとは限りません。大津市では地域ごとの状況等を総合的に判断し、主に学区単位で避難情報を発令します。

警戒レベル1

気象庁からの早期注意情報などを参考に、災害への心構えを高めましょう。
参考情報:気象庁が発表するレベル1相当情報 早期注意情報

警戒レベル2

気象庁が発表する洪水注意報、大雨注意報などを参考に、避難に備え、防災マップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。
参考情報:気象庁が発表するレベル2相当情報 大雨注意報、洪水注意報

警戒レベル3

避難準備・高齢者等避難開始【市が発令】
避難に時間の要する人は避難をしましょう。
その他の人は、避難の準備を整えましょう。
参考情報:気象庁が発表するレベル3相当情報 大雨警報、洪水警報、氾濫警戒情報

警戒レベル4

避難指示(緊急)、避難勧告【市が発令】

速やかに避難先へ避難しましょう。
公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
参考情報:気象庁が発表するレベル4相当情報 土砂災害警戒情報、氾濫危険情報

警戒レベル5

災害発生情報【市が発令】

既に災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとりましょう。
参考情報:気象庁が発表するレベル5相当情報 大雨特別警報、氾濫発生情報

関連リンク

市からの避難情報文例

緊急速報メール(エリアメール)、防災メール、各種SNS等で市が配信する避難情報に警戒レベルを明記します。

【文例】緊急速報メール

避難準備・高齢者等避難開始の発令

 

大津市からお知らせします。

大津市災害警戒本部は、○○時○○分、○○学区全域の土砂災害警戒区域等に対して、【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。

避難所は、○○支所・○○小学校体育館です。

避難に時間のかかる方は直ちに危険な場所から避難してください。その他の方も避難の準備を開始してください。

 

大津市災害警戒本部(大津市 総務部 危機・防災対策課)

参考資料

この記事に関する
お問い合わせ先

総務部 危機・防災対策課
〒520-8575 市役所新館2階
電話番号:077-528-2616
ファックス番号:077-523-2202

危機・防災対策課にメールを送る