犯罪被害の状況(統計データ)と防犯情報紙(地域安全ニュース)

更新日:2020年09月17日

滋賀県内における特殊詐欺発生状況と特徴、大津市内における刑法犯罪発生状況を毎月更新しています。
また、滋賀県、大津市の犯罪統計データを年に1回、防犯情報を掲載した地域安全ニュースを年に4回更新しています。

詐欺の発生状況と特徴

県内における特殊詐欺被害発生状況(累計)
  被害金額 認知件数
2020年1月~8月 130,088,000円 67件
2019年1月~8月 219,540,000円 89件
前年比 マイナス 89,452,000円
(マイナス 40.7%)
マイナス 22件
(マイナス 24.7%)

注:被害額については端数四捨五入のため、詳細金額とは若干の差異があります。 

詐欺の特徴

令和2年の被害状況は、8月末までで、発生件数67件、被害金額は約1億3,000万円。そのうち、高齢者(65歳以上)の被害件数は45件(全体の約67.2%)で、被害金額が約9,254万円(全体の約71.1%)となっています。

令和2年8月(単月)の認知件数は8件のうち7件が、自宅の固定電話に電話をかけて、被害者を騙す手口です。

  • 常に留守番電話設定にすることが最も有効な対策です!

留守番電話設定することで、受話器を取らずに電話機のスピーカーを通して誰からの電話なのか、用件は何なのかを確認することができます。知らない人、又は、不審な用件なら詐欺の可能性がありますので、電話に出ないことで冷静に判断することができます。

キャッシュカードを騙し取る手口(預貯金詐欺)や、すり替える手口(キャッシュカード詐欺盗)が多く発生しています。詐欺犯人は、キャッシュカードを騙し取る際、犯人がカードに切り込みを入れて使用できないように装います。実際には、ICチップを避けて切り込みを入れるだけなので、使用可能です。

だまし文句、手口 に気をつけて!! (令和2年8月に発生した だまし文句、手口)

【キャッシュカードを狙う手口】 預貯金詐欺・キャッシュカード詐欺窃盗

  1. 市役所職員や金融機関職員を名乗る手口
    「健康保険の還付金がある。ハガキを確認したか。」「振り込むためにキャッシュカードを預かりに行く。」といって、キャッシュカードを騙し取る手口。
     
  2. 警察官を名乗る手口
    「犯人を捕まえたがあなたの名簿を持っていた。」「暴力団があなたのキャッシュカードを使っている。」「キャッシュカードを新しくするため、自宅まで取りに行く。」といってキャッシュカードを騙し取る手口。
     
  3. 携帯電話に実在する事業社名を装い「料金が未納です。○○まで連絡ください。」とメールが届く。電話をかけると電子マネーを購入し、カード番号を教えるように指示される。

特殊詐欺(突然のトラブル)は、冷静な状況であれば理解出来ますが、慌てていると正しい判断が難しくなります。そんな時ほど一人で判断せず、周りに相談してください 。
電話でのお金の要求は「詐欺」!!見えない電話の相手を簡単に信用しないで、周りに相談をしてください !
特殊詐欺の最近の手口について、周りの人へも話題提供をお願いします。

振込みをしようとしている女性に「詐欺じゃない?」と声をかけるATMのイラスト

関連リンク

市内における犯罪発生状況について

市内の犯罪発生件数(累計)
令和2年8月 1,059件
令和元年8月 1,143件
増減数 マイナス84件

不審者情報メール配信サービスでは中学生以下の被害情報をお届けしています。下記のリンク先より、ご希望の配信サービスを選びご登録ください。

地域安全ニュース (大津市防犯協会発行)

グラフで見る犯罪の状況(平成31年・令和元年)

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 自治協働課
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2730
ファックス番号:077-523-0411

自治協働課にメールを送る