公的個人認証サービスによる電子証明書の発行について

更新日:2018年08月27日

公的個人認証サービスとは?

自宅等のパソコンからインターネットによって国や県などの行政機関へ申請や届出(電子申請)をする際に、申請者が本人であることを公的に証明するサービスです。

行政手続きのオンライン化が進んだことにより、様々な手続がインターネットを通じて手軽にできるようになっています。しかし、誰もが安心してオンライン手続を行うには、他人を装って虚偽の申請を行う「なりすまし」や、第三者が送信されたデータを書き換える「改ざん」などへの対策が必要です。

公的個人認証サービスは電子証明書と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないICカードに記録し、これを用いて申請書などの情報に「電子署名」を付すことにより、確かに本人が送付した情報であることを示すことができるため、安全なオンライン手続きの実現に役立っています。

公的個人認証サービスによる電子証明書を利用するには?

平成28年1月から個人番号(マイナンバー)カードの交付が開始することに伴い、平成27年12月末をもって住民基本台帳カードの新規交付・更新・再発行及び住民基本台帳カードへの電子証明書の発行・更新は終了しました。今後、電子証明書は個人番号カードに発行・格納されることになるため、電子証明書の利用を希望される場合は、個人番号カードの申請をし、交付を受けてください。

住民基本台帳カードに格納されている電子証明書について

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行に伴い、住基カードへの電子証明書の発行・更新は平成27年12月末をもって終了しました。ただし、それまでに住民基本台帳カードに発行・格納された電子証明書については、有効期限または規定の失効時まで引き続きご利用いただけます。

なお、有効期限満了または失効後に引き続き電子証明書をご利用になりたい場合は、個人番号カードを申請し、交付を受けてください。

よくあるご質問(FAQ)

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 戸籍住民課 登録証明係
〒520-8575 市役所本館1階
電話番号:077-528-2731
(各種証明書発行、住基カード)

戸籍住民課 登録証明係にメールを送る