令和元年台風19号の被災者に対する市営住宅の一時使用について

更新日:2019年10月21日

大津市では、令和元年(2019年)10月に発生した台風19号により被害を受けられた方々を支援するため、令和元年10月21日より市営住宅の提供を実施します。

1 提供する住宅

全7戸

2 対象者

令和元年(2019年)台風19号により住宅に甚大な被害を受け、住宅に困窮されている方。

3 入居期間

入居日から6ヶ月以内。最長1年まで更新が可能です。

4 家賃

家賃は減免を行います。

5 申込方法

  1. 電話により一報を受け、世帯人数や希望地域等を聞き取りします。
  2. 来課、郵送、ファクシミリ等により申込者の提出にて受け付けます。
  3. 罹災証明書の提出

注:発行が困難な特別な事情がある場合は、個別に相談に応じます。

6 申込開始

令和元年10月21日(月曜)から受付開始。

7 その他

  1. 部屋には、ガスコンロ、カーテン、給湯器、冷暖房等の設備は備付けはありませんので、必要に応じて、各自で設置していただくことになります。
  2. 共用部分の光熱水費等の共益費は必ずお支払いください。

この記事に関する
お問い合わせ先

都市計画部 住宅課
〒520-8575 市役所本館3階
電話番号:077-528-2786
ファックス番号:077-523-1256
​​​​​​​
住宅課にメールを送る