【長等創作展示館・三橋節子美術館】新・常設展のご案内

更新日:2019年11月27日

夭折の画家三橋節子「母子像」~永遠なる親子のかたち~

展示期間:令和元年11月12日~令和2年3月8日

35歳の若さで逝った節子。しかし、彼女はその短い人生の中で、多くのものを残し、人々の心に感動や生きて行く勇気をあたえ続けているのではないだろうか。

母子像

母子像
1974年(昭和48年)12月 歳末助け合い寄贈画展

節子が亡くなる2ヶ月前、三度目の入院をひかえ、暮れの新聞社主催の歳末助け合いのバザー出品するために、わが子・草麻生の生後20日ごろのスケッチをもとに描いた。
術後のレントゲンに白い影が現れ、咳が絶えずでる。このころには、自分の運命を見据えていた。もう一度両手で子供を抱きしめたい。できれば永遠に、との母の思いなのであろう。残っていない力をふりしぼって、ようやく完成した作品である。

当館の観覧料、営業時間等は、下記「施設利用案内」よりご確認下さい。

この記事に関する
お問い合わせ先

長等創作展示館・三橋節子美術館
〒520-0035 大津市小関町1-1
電話番号:077-523-5101
ファックス番号:077-523-5101

長等創作展示館・三橋節子美術館にメールを送る