【いじめ対策推進室】非常勤嘱託職員(相談調査専門員:経験者)を募集します

更新日:2019年09月04日

大津市では、いじめ対策推進事業の一環として、市民部文化・青少年課いじめ対策推進室を設置し、相談調査専門員が専門的な見地からいじめにかかる相談対応、調査、調整、啓発等を行っています。
今般、相談調査専門員として勤務する非常勤嘱託職員を募集します。

1.担当職務

相談調査専門員

2.募集人員

1名

3.任期

雇用開始日から令和2年3月31日まで

4.主な職務内容

  • いじめに係る相談・通報および情報提供に関すること
  • いじめに係る関係者との調整に関すること
  • いじめに係る関係機関との連絡調整に関すること
  • 大津の子どもをいじめから守る委員会(注1)との協議等に関すること
  • いじめの防止等に係る啓発等に関すること(学校等における児童生徒を対象とした啓発を含む)

(注1)大津市子どものいじめの防止に関する条例第14条に規定する大津の子どもをいじめから守る委員会

5.勤務先

大津市役所市民部文化・青少年課いじめ対策推進室

6.採用予定日

随時

7.応募資格

次のすべての要件を満たす者

  • 次の要件のいずれかを満たす者
  1. 採用予定日時点で、教育、心理、福祉又は社会学に関する大学院修士課程を修了もしくは修了見込みで、子どもの相談や子どもの支援に関わるなど、子どもに対する対人援助の業務経験を、延べ2年以上有する者
  2. 採用予定日時点で、教育、心理、福祉又は社会学に関する4年制大学の課程を修了もしくは修了見込みで、子どもの相談や子どもの支援に関わるなど、子どもに対する対人援助の業務経験を、延べ5年以上有する者
  • 採用予定日時点で、普通自動車第一種運転免許取得後1年を経過している者
  • ワード、エクセルの基本操作ができる者
  • 地方公務員法第16条に定める次の欠格条項のいずれにも該当しない者
  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることが無くなるまでの者
  3. 大津市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  4. 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあつて、地方公務員法第六十条から第六十三条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
  5. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

8.応募手続き

受付期間

合格者が決定されるまで、随時受け付けます。

応募方法

直接持参又は郵送により下記の必要書類を提出してください。

  1. 応募書
    3ヵ月以内に撮影した上半身、脱帽、無背景、正面向きの写真(縦4センチメートル×横3センチメートル)を必ず貼り付けてください。
    受付期間中、大津市役所 別館2階 市民部 文化・青少年課 いじめ対策推進室で配布します。また、大津市ホームページからもダウンロードいただけます。
  2. 職務経歴書(様式は任意です)

9.選考スケジュール

選考方法

論文試験および(個人)面接試験

試験日

応募者に対して個別に連絡します。

場所

大津市役所

10.選考結果通知 

選考結果の通知時期については、試験時にお知らせします。

11.報酬等

報酬、期末手当相当、通勤手当相当が支給されます。社会保険については、大津市で加入します。扶養手当、住宅手当、管理職手当、勤勉手当は支給されません。

報酬月額

333,000円
期末手当相当 6月(基準日に在職しないため支給なし)、12月(1.008月)(注2)
注2:記載の期間率は9月1日採用の場合です。雇用期間による期間率に応じて一部減額されます。

通勤手当相当

上限月額26,000円

12.勤務時間・休暇

勤務時間

週5日勤務(完全週休2日制)。
勤務時間については、通常下記1の勤務ですが、夜間対応の場合下記2となります。
1月ごとにシフト表にて通知します。

  1. 9時から17時まで(うち休憩1時間)
  2. 9時から20時までの間で、指定する8時間(うち休憩1時間)

ただし、状況に応じて時間外・休日勤務あり。 勤務を要しない日 土曜・日曜、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

年次有給休暇

雇用期間に応じ、年間有給数20日を日割按分して付与
その他特別休暇あり

13.応募書類等

この記事に関する
お問い合わせ先

市民部 いじめ対策推進室
〒520-8575 市役所別館2階
電話番号:077-528-2826
ファックス番号:077-523-7855

いじめ対策推進室にメールを送る