大津市保健医療基本計画

更新日:2018年08月27日

いつまでも生き生きと暮らすことのできるまち・大津
~健康は自分で・地域で・社会でつくる~

「大津市保健医療基本計画」は下記をご覧下さい。

大津市保健医療基本計画について

市民のより健康で生き生きとした暮らしの実現を目指し、中核市への移行に伴う保健所設置市として保健事業の充実と医療体制の整備を推進していくための指針とするため、保健医療の現状と課題を踏まえ、今後の施策の方向性を定めた保健医療基本計画を策定しました。

計画概要

計画期間

本計画は、平成23年度から平成25年度までの3年間を計画期間とし、その後は5年ごとの計画とします。

基本理念

いつまでも生き生きと暮らすことのできるまち・大津 ~健康は自分で・地域で・社会でつくる~

基本目標1 生涯にわたる健康づくりを進めます

ライフステージに応じた保健医療サービスの充実を図ります。

(基本施策1)妊娠・出産に関する支援

生命の尊さを伝え、自らを大切にする心を育めるよう支援し、母子の健康を社会的・精神的側面から支えていきます。

(基本施策2)子どものすこやかな成長への支援

乳幼児期における病気や障害等を早期に発見し、適切な支援を行います。
また、保護者の育児不安の軽減に努め、安心して育児に取り組めるよう支援します。

(基本施策3)世代を通じた健康づくりの支援

生活習慣病を予防するための健康づくりをはじめ、市民一人ひとりが積極的に健康の保持、増進が行えるよう支援します。
認知症の予防と早期発見、早期対応、支援体制の整備に取り組みます。

(基本施策4)専門的保健活動による支援

市民が感染症についての正しい知識を持ち、適切な対応が図れるよう支援するとともに、感染拡大防止に努めます。
難病患者のQOLの向上を目指し、日常生活の支援により難病患者の自立と社会参加を促進します。
精神障害者が地域で安定した生活を送ることができるように、障害者の自立と社会活動への参加を促進します。

基本目標2 安心して暮らせる医療体制づくりを進めます

住み慣れた地域で安心して医療サービスの提供が受けられるよう医療体制の整備充実を図ります。

(基本施策1)地域医療の充実

在宅医療の必要な患者が増加しています。住み慣れた地域で安心して療養できるよう地域リハビリテーションの充実とともに、在宅医療支援体制の充実を図ります。

(基本施策2)救急医療の確保

地域で、適切な救急医療が受けられるよう、医療機関・関係団体等の協力及び連携のもと救急医療体制の整備充実を図ります。

基本目標3 安全で快適な生活環境づくりを進めます

健康危機管理体制の整備や保健衛生上の安全・安心の確保に努めます。

(基本施策1)健康危機管理対策の充実

市民の生命と健康の安全を脅かす事態に備え、関係機関等と連携し、体制の整備・充実に取り組みます。

(基本施策2)生活衛生対策の推進

食の安全・安心を確保し、食による健康被害の発生を防止するための体制づくりを進めるとともに、旅館や理・美容所など生活衛生営業施設の衛生の確保に努めます。
また、人と動物が共生できる環境づくりに努めます。

この記事に関する
お問い合わせ先

健康保険部保健所 保健総務課
〒520-0047 大津市浜大津四丁目1番1号 明日都浜大津1階
電話番号:077-522-6756
ファックス番号:077-525-6161

保健総務課にメールを送る