8月27日(火曜) ようこそせんぱい!ロボットクリエイターに会いに行こう~プログラミング教室 in otsu~

更新日:2019年09月13日

特別講演での卓上のロボホン

 8月27日(火曜)に、生涯学習センターで、小学4年生から6年生を対象とし、企業とのコラボによるプログラミング教室が開催されました。これは、令和2年度から、小学校で、児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動が必須化されたことによります。

特別講演会でロボホンを見つめる子どもたちの様子
講演される高橋智隆さんの様子

 第一部では、大津市出身の世界的に有名なロボットクリエイターである高橋智隆さんを招いて、児童生徒、保護者、教員向けに「ロボットと暮らす未来」と題した講演会が開催されました。
 第二部では、3人1組の20チームが、プログラミングソフトを使って小型ロボットのロボホンの動作をプログラムすることに挑戦しました。ロボホンに、大津にゆかりのある「百人一首」の歌について説明させようと、目を輝かせながら取り組んでいました。
 参加した子どもの一人は、「今度はプログラミングでロボットにダンスをさせてみたい」と意気込みを語っていました。

プログラミング教室 全体の様子
プログラミングに挑戦する子どもたちの様子
パソコンを使用してプログラミングに挑戦する子どもたちの様子
自分たちでつくったプログラムを発表する子どもたちの様子

詳しくは、教育センターまで
電話番号:077-522-1910

この記事に関する
お問い合わせ先

政策調整部 広報課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2703
ファックス番号:077-522-8706

広報課にメールを送る