9月15日(日曜)大津市総合防災訓練

更新日:2019年10月18日

 9月15日(日曜)藤尾小学校を主会場とした藤尾学区一帯で、大津市総合防災訓練が実施されました。これは、地域住民と一体となった総合的な防災訓練を実施し、災害発生時の応急対策に関する検証と市民の防災・減災意識を高めることで、災害時にどのように対応すれば良いかを知っていただき、一人一人が安心、安全に暮らすことのできる災害に強いまちづくりのために行われています。

倒壊家屋からの救助訓練の様子
倒壊家屋からの救助訓練の様子2

 大津市中部地域で震度7を観測し、その後の降雨による土砂災害発生の危険や、河川の増水、家屋の倒壊、火災などで多数の死傷者が出たとの想定で訓練が行われました。
 今回は、「京都市・大津市間の災害時における避難所の相互利用に関する協定」に基づいた訓練も実施され、京都市山科区の住民も含む、関係機関など約2,000人が参加しました。倒壊家屋からの負傷者の救助、バケツリレーによる消火活動や、救援物資輸送訓練、体育館の中では、避難所運営訓練や、学区災害対策本部運営訓練などが行われました。土砂災害救助救出訓練では、ドローンや水陸両用のバギーなども出動しました。

ドローンを使った土砂災害救助救出訓練の様子
水陸両用のバギーを使った土砂災害救助救出訓練の様子

 子どもから大人まで、もしもの時に備えて真剣に取り組んでいました。

火災防ぎょ訓練の様子
心臓マッサージによる救命処置訓練の様子
避難所運営訓練の様子
段ボールベッド体験の様子

詳しくは、危機・防災対策課まで
電話番号:077-528-2616

この記事に関する
お問い合わせ先

政策調整部 広報課
〒520-8575 市役所本館2階
電話番号:077-528-2703
ファックス番号:077-522-8706

広報課にメールを送る